PsiからPandionに乗り換えた。

 ふとしたことからJabberクライアントのPandionを試してみたのだが、そのまま乗り換えてしまった。イメージに反してCPU・メモリ共に与える負荷はPsiと同レベルだし、何もしなくとも9割9分日本語化されてるし、なによりPsiで発生するIMEの問題がなかったのが最大の決め手。これでもうAlt+Tabで移動した場合、時折IMEが何をしてもONにならない現象とはおさらばだ!

 今はPsiも日本語化ファイルあるし、IMEの問題も起こらないっぽいので、好みの問題だね。ログ機能とか、設定の有無とか。

 Psiと比べると設定項目が少ないのが気になったが、普通に使う分にはそれで困らない程度に自動化されているので、それは「設定が簡単」という美点だろう。というかPsiはあるけど使わない(どうでもいい)設定が多すぎる。
 いじろうと思えば深い設定もScriptやCSSでいじれるようだが、資料が解りにくくて困る。いや、前述のように設定をいじる必要はほとんどないんだが、IM表示のしかたが気に入らない。Gtalkと同じ方式なんだよなー。私はIM送信ごとに、行頭にアカウント名を表示してくれる方が好みだ。でないと「連続して送信したメッセージ」と「改行して送信したメッセージ」の区別がつかんじゃぁないか!(ぬへ。

 なおPandionもその他の一般的なIMと同様に、改行はShift+Enterである。

 なおGoogleトークの代替として使う場合、ボイスとファイル送信は対応していない。まあ、あのふたつはJabber標準じゃないから当然なんだが。というわけでPsi時代と変わらず、ボイス/ビデオチャットやファイル送信する時は本家クライアントを起動する(ボイス/ビデオはGmailチャットでも可)。……たまに、そもそもGtalkやめて互換クライアントにしたのはなんでだったっけ、と思うことが(ぐへー。

 ――いやホントになんでだっけかな!? IM表示のしかたが気に入らなかった(当時はGtalkのスキンを改造する方法を知らなかった)からか、入力欄の行数が自動で増減するのが気に入らなかったか、時折なぜかCPUリソース食い荒らすのが気に入らなかったか、Gmail開かないとログ閲覧できないのが気に入らなかったか、あるいはそのすべてか!?


[PR]
by lordnoesis | 2009-04-04 10:34 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/11249498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる