Resource HackerでCardWirthEditorのキー操作を改善してみた。

 CardWirthエディタのショートカットキーのキーバインドが気に入らないので、AHKで対処していたのだけど。リソースハッカーで地道に弄ってたらなんとかなった。
 ウィンドウ毎に、コンテキストメニューに使いたいコマンドを登録して(コンテキストメニューないところにはメニュー自体も追加)、ショートカットキー割り当てていく感じ。それで色々増やしたり、干渉し合わないように削ったりしていたら、結構な作業量になってしまった。

 ところが何故かエリアウィンドウのテーブルビューでのカード操作に問題が発生するように。具体的には、キーボードでカードを操作できなくなった(ショートカットも効かない)。マウスでの操作はできる。どうもキーボード的には、いずれのカードも選択状態になっていないことになっているようだ。どこかと変に干渉しあっているのか、この手法の限界なのかは不明。機会を改めて検証したい。

 改善したCWEの問題点。

  • F2で「名前の変更」「選択肢の変更」ができるように。F2で「カード情報」を呼び出すバインドは削除。
  • 「切り取り」をCtrl+Xに統一。「選択肢の変更」時に、文字列の切り貼りができるように。
  • カードウィンドウにおいて、カードのプロパティをEnterで開けるように。

 ――まあ、これでやっと「当たり前」っていう……。


 改造が面倒とか、トラブルが心配という場合は、以前話題にしたAHKを利用したハックでいいと思う。今回の手法では実現できない改善もあるし。

POI:AutoHotKeyで、CardWirthEditorのキー操作を改善してみた。






 ショートカットのキーバインドに利用するキーコードが解りにくいので、調査結果を抜粋。足りない部分はググれば見つかる。
 歯抜けしてるのはなんなのかしら。Delphiの仕様?

8:BkSp
9:Tab
13:Enter
27:Esc
32:Space
33:PgUp
34:PgDn
35:End
36:Home
37:Lite
38:Up
39:Right
40:Down
45:Ins
46:Del


[PR]
by lordnoesis | 2009-07-06 17:05 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/11891602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる