CrystalDiskInfoとDiskInfo。

 利用していたS.M.A.R.T.調査ツールが外付けHDDに対応していなかったので、CrystalDiskInfoに乗り換えた。以前ちょっと試したことはあったのだけど、当時はわざわざ乗り換えるほどの差は感じなかったわけで。だが、ちゃんと使ってみるとこいつは凄い。さすがに評判になるだけのことはある。

 先にも書いたが、外付けHDDに対応している、というのは最大の利点。
 以前試した時はタスクトレイに温度表示できないと思っていたのだが、普通に常駐設定で出来た。やはりお試しといえど、ちゃんと設定項目には目を通さんとダメだなー。反省。
 警告温度も設定できるそうなので、Googleの論文(「50度以上は寿命を縮める」「20度以下はもっと縮める」「25-35度での寿命が長い」「35-40度での故障率が低い」)を参考に、一番値の小さな40度あたりでもう警告するようにしといた。本当は35度にしたいがないからしょうがない。欲をいえば温度が25度を下回った時にも警告して欲しいが、起動したてとか酷いことになるだろうなそれは。

 というかWindows上からAAM/APMの設定できるとか、思いもよらなかったのじゃよ。世の中の進歩ってすげー。USB接続のHDDもこれで安心じゃよ。

 まあ、ちょっとメモリ喰うのが珠に傷か(15MBくらいなんですけどね)。


 最大の難点はDiskInfoと名前が紛らわしいこと(ぬえー。
 こっちは、ジャンクションに対応した(ちゃんと無視する)ナイスなディスク使用状況調査(使用済み容量計測)ツールなのじゃよ。結果の保存と読み込みもできるので、スキャンが面倒な時にも参考になるのがよい。
 エクスプローラライクな操作感だが、「戻る/進む」がないのが珠に傷。

Crystal Dew World -- S.M.A.R.T.調査ツール「CrystalDiskInfo」のページ。
らくちんツール > DiskInfo -- ディスク使用状況調査ツール「DiskInfo」のページ。


[PR]
by lordnoesis | 2009-09-28 22:40 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/12471652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる