GoogleトーククライアントとしてのPsiとPandion。

 Googleトーク(以下「GTalk」)は通信にオープン仕様のXMPP(Jabber)を利用しているので、Google謹製クライアントアプリ(以下「GTC」)でなくとも、他のJabberクライアントでも利用できる。というか、Windows以外では他のJabberクライアントを利用するしかないが。

 いくつかあるJabberクライアントの中で、私の好み(軽量・軽快・非多機能)に適ったクライアントがPsiとPandionのふたつなので、今回はそのふたつを比較してみた。ひょっとしたら知らないだけで、他にもあるかもしれないけども。
 なお、比較には現時点でのそれぞれの最新版を用いた(Pandionは2.6.110。Psiは0.14)。

  • Pandion
    • インストールした時点で日本語化されてる。
    • 設定が簡単。GTalkサーバーに接続するだけならIDとパスワードを入力するだけ。
    • オプション項目がほとんどないので寂しい。
    • 見た目が綺麗。ルックアンドフィールの変更はHTML等で行う(日本語資料はたぶんない)。
    • GTalkサーバーのそれとは別に、ログ保存機能あり。エクスポートはHTML。
    • Pandion同士のファイル送信に対応? ボイスチャットはできない。
    • プラグインに対応しているが、いくつかの非実用的なプラグインがあるだけ。
    • 疑似的な不可視ログインが可能だが、実用的ではない(一方的にメッセージを送信するだけで受信はできない)。
  • Psi
    • 日本語化には公式から別途ランゲージファイルを落とす必要がある。
    • GTalkサーバーに接続するためにアカウント設定が必要(設定内容はGTalkのヘルプに書いてある)。
    • オプション項目はそれなりにある(べつに設定しなくても問題はない)。
    • 見た目は普通。アイコンくらいしか変更できない。
    • GTalkサーバーのそれとは別に、ログ保存機能あり。エクスポートはTXT。
    • Jabber標準のファイル送信に対応(GTCはJabber標準じゃないので無理)。Psi派生のJabbin(後述)ならGTCともボイスチャット可能。

 GTCと比較した場合、双方ともメモリ使用量は倍(50MB)程度だが、CPU負荷は低い。GTCは文字入力中にCPU負荷が上がって反応が悪化することがあるが、PsiやPandionではそれがない。
 PandionとPsiの比較だが、Pandionは「見た目がそれなり」「設定が簡単」という以外に利点はない。

 私はオプション設定をいじってカスタマイズするのが好きなので、Psiを常用している。特に、GTCやPandionのような、「連続した複数のIM」と「改行を含む単一のIM」の区別がしにくい表示方法は好きじゃないので。送信ごとに、先頭に名前なり時刻なり表示して欲しいっつー。
 ただし、ファイル送受信とボイスチャットはGTC(英語版)を利用せざるをえない。

 ボイスチャットに対応したPsi派生としてJabbinがあるのだが、久々に最新版使ったら、かつてはPsiそのまんまだったルックアンドフィールがモダン?(方向性としては昔のSkype)になってて驚いた。設定せずともPsiの設定参照して動いてたので、相変わらず中身はPsiだと思う……たぶん。

 それと、ボイスチャットはできるのだが、GTC同士のそれよりも(相手側に)CPU負荷がかかるっぽい。codecが違うからとか?


[PR]
by lordnoesis | 2010-10-22 17:24 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/15332215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる