パンタグラフキーボード買った。

 サンワサプライのSKB-SL05UHW買いました。
 ずっと買い控えしてたんですが、ノートPC用にマウスを買わねばならなくなり、ついでに手を出してしまいました。
 というか、買い控えしてた最大の理由が、定価10000円とか書いてある事だったのですが、実売調べたら5000円だったという。
 では以下、使用した感想いってみよー(お。





 見た目はシンプル。まあこれはカタログ見れば解りますね(汗)
 某所でプラスティックがテカテカで安っぽいといわれてましたが、個人的にはそれほどではないかと。
 いやまあ、ホント、テカテカなんですが。

 カタログのキー配置図が小さくてよく解らなかったのですが、テンキーの上に音量変更とサスペンドボタンついてますね。
 これは嬉しい誤算。

 接続はUSBのみ。まあUSBハブついてますしね。
 ただまあ、個人的にはPS/2がよかったんですが。

 キータッチは……なんかやたらと硬いんですが(汗)
 軽いのが好みなのでこれは大減点。というか、軽いキータッチを求めて買ったのに orz
 まあ、メンブレンのゴムがへたるのを待つか……(遠。

 日本語キーボードにしてはスペースバーが長いですね。これは最下段も一部を除いてキーサイズが同じだからなんですが。
 大抵のキーボードは変換、無変換キーあたりが少し長めに作られてると思うのですが、さすがパンタグラフ式だけあってノートPC風?

 ただ、なんというか……せっかく空いたスペースを上手く生かせてないような……。
 スペースキーが長いのはいいんだけど、右側しか長くなってないし。って事は、最下段がやや右寄りにオフセットされただけじゃないかと。
 あと超個人的なんだけど、スペースバーのエッジを親指でなぞるクセがあるんだけど、ずれてるせいで出来ない(ホントどうでもいい。

 それと、手持ちのIBMキーボードに関する疑問が氷解。
 何故かコレ左Winキーが長いんですが、その分左Altが中央に寄って、ホームポジションからでも自然に指が届くんですな。
 という訳で逆説的に、このキーボード、左Altが使いにくいといえる。あと半キー分内側に!
 いやまあ、慣れればどうって事ないとは思いますが。どうせなら自然な方がいいよなぁ。

 という訳で総論。
 テカってようが左Altが使いにくかろうがどうでもいい。
 ただキータッチが硬いからダメっつーか今この文章打ってても右手の筋が痛い(ぬあ。

 今はただ、パンタグラフキーボードスレ3の173にすがるしかない。

使っているうちに驚くほど柔らかくなってきた。
買ったままのキーの硬さならどうしようかと思ったよ。
でも安心安心。神様はキーボードに「劣化」を与えてくださった。

 ありがとう、熱力学第二法則(違。


[PR]
by lordnoesis | 2005-04-25 15:23 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/1597879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる