複数のGmailアカウントを運用するために、Google Chromeのプロファイルを利用する。

 Gmailのアカウントを複数所有しているのだけど、メイン以外はついつい確認するのを忘れてしまうので、別アカウントでログインしなおす手間の省力化を図ることに。その方法だが、このためだけに専用ツールを入れるのもなんなので、ブラウザのユーザープロファイルを切り替えて実現。起動の速さとプロファイル切り替えの簡便さでChromeを使うことに。

 アカウントの数だけプロファイル指定ショートカットを作って、それぞれでログインすれば完了。以後はそれぞれを起動すればOK。ちなみにGmailの放置可能期限は、公式で9か月(超過しても消されるとは限らない程度の期限)。

chrome.exe --user-data-dir="..\..\User Data 2" http://mail.google.com/mail?hl=ja

chrome.exeまでのパスは環境によって異なるので省略。--user-data-dirでプロファイルのディレクトリを指定している。これはデフォルトである「User Data」と同じ位置に「User Data 2」を作る/読み込む設定。名前がダブらなければなんでもいい。

 Googleのマルチログイン(アカウント設定から設定可能)で問題ないと思う人は、そっち使った方が手軽。


[PR]
by lordnoesis | 2011-04-17 13:53 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/16202484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる