Windows7を64bit版にしたらExplorerが……。

 Win7機をリカバリするついでに、せっかくなのでx64入れてみたのだが、Explorer x86が使えない=従来のエクスプローラ拡張が使えないという恐るべき罠が。Vista x64ではExplorer x86も用意されてたじゃないですかーやだー!

ファイラを求めて

 というわけでExplorerに見切りをつけて、適当なファイラを探すことに。そうしてなんとなくTablacus Explorerを試してみたらこやつ、リストビューとコンテキストメニューでエクスプローラ拡張が動く。なにこれすごい。64bit版も32bit版もあるから完璧や。
 でもワシ、Explorer+ClassicShell+QTTabBarに慣れきってるから、ちょっと使い勝手がなー。

 というか、目的のひとつが「サムネイル表示をSPIで拡張したい」なんだけど、Explorerの"縮小版"はキャッシュを優先するから、こいつでキャッシュ作れば、あとはExplorerでも表示できるな。よしExplorerに戻ろう(出戻りすぎる。

ふたつのQTTB

 そうなると問題なのが、Qちゃん版Pちゃん版、どちらのQTTabBarを入れるか。まずQちゃんのver.8を試してみたのだが、プレビューチップがかなり強化されてていい感じ。でもQちゃん版は、ウィンドウの取り込みが完全じゃないからなー。Everythingからフォルダ開くと、すべて別ウィンドウになる。今はまだPちゃん版だなぁ。

 それに、Pちゃん版は「古いリストビューコントロールを使用する」が便利すぎる。Win7ではExplorerのリストビューがDirectUIHWNDに覆われていて、外部から干渉できないのだけど、この設定ONにすると従来のSysListView32になる。AHK使いとしてこれは外せん。

 というか、今まで効果も理解せずにONにしてたので、そもそも邪魔者DirectUIHWNDの存在を知らなかった。

64bit版OSに32bit版CBX Shellを入れる

 Tablacus Explorer x86のために、CBX Shellもx86版も入れたいのだが、64bit/32bit共通インストーラーなので、x64環境ではx86版が入れられない。インストーラーを32bitで起動してもダメ。というわけでx86環境からDLLをこちらに持ってきて、regsvr32 CBXShell.dllで対応。


[PR]
by lordnoesis | 2012-06-16 14:06 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/18109085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる