AutoHotkey_Lで、Opera12の起動を便利にしてみた。

 前ver.のOpera12対応版。前ver.からフォークしたRamDisk運用補助の小規模改善も反映済み。

 Opera12対応は「マスターパスワードダイアログのタイトル変更に追従」「マスターパスワードダイアログを最前面表示するように」。Operaのver.によって最前面でなくなるのはなんなの、うっかりなの?

 ちなみに小規模改善の内容は「FastForward.ini初期化の対策」「autosave.winの2世代バックアップ」「セッション退避ダイアログのカウントダウン」。
 FastForward.ini初期化対策は、同じ場所にFastForward_backup.iniがあれば上書きするよってだけの機能。

; --------- --------- --------- --------- ---------
; RunOpera.ahk ver.2.1.0
; --------- --------- --------- --------- ---------

#WinActivateForce

  OperaPath := ""  ; Opera.exeのフルパス。末尾は"\"。

  SessionsPath := OperaPath "profile\sessions\"  ; セッションフォルダのフルパスを指定。末尾は"\"。
  BookmarksPath := OperaPath "profile\bookmarks.adr"  ; bookmarks.adrのフルパスを指定。

  TimeLimit := 30  ; 最終セッション退避確認ダイアログを自動でスキップするまでの秒数。

  AutoConvSW := 1  ; 最終セッションを退避させる場合、自動でブックマークに変換する設定。 0:変換しない。 1:変換する。
  ACMoveSW := 1  ; 自動変換(↑)したセッションを隔離する設定。 0:隔離しない。 1:隔離する。

  HisReadSW := 0  ; タブ履歴(タブで表示したページの履歴)の設定。 0:最新のみ読み込む。 1:すべて読み込む。
  WriteTrgSW := 1  ; ブックマーク情報を書き込む場所の設定。 0:セッションフォルダにテキストで保存。 1:bookmarks.adrに書き込む。

; --------- --------- --------- --------- ---------

  IfNotExist, %SessionsPath%
  {
    MsgBox, 16, , セッションフォルダが見つかりません。`n%SessionsPath%
    
    Exit
  }
  If (1 == WriteTrgSW) {
    IfNotExist, %BookmarksPath%
    {
      MsgBox, 16, , bookmarks.adrが見つかりません。`n%BookmarksPath%
      Exit
    }
  }

  IfExist, %SessionsPath%autosave.win
    GoSub, SessionAnalyze

  FileCopy, %OperaPath%ui\fastforward_backup.ini, %OperaPath%ui\fastforward.ini, 1  ; FastForward.ini初期化の対策。

  FileCopy, %SessionsPath%autosave_RunOpBak.win, %SessionsPath%autosave_RunOpBak2.win, 1  ; ↓セッション退避etc.を実行しない時も念のため2世代バックアップ。
  FileCopy, %SessionsPath%autosave.win, %SessionsPath%autosave_RunOpBak.win, 1

    Run, %OperaPath%opera.exe, , , OpPid
    WinWait, ahk_pid %OpPid%, , 60
    if !ErrorLevel {
      ifWinExist, Opera へようこそ ahk_pid %OpPid%
      {
        WinActivate
        WinWaitClose
      }
    } else {
      return
    }


    WinWait, マスターパスワードを入力してください ahk_pid %OpPid%, , 5
    If ErrorLevel
      return

    WinSet, Topmost, ON
    WinActivate
    Sleep, 300

ExitApp

; --------- --------- --------- --------- ---------

SessionAnalyze:
  FileRead, OSession, *P65001 *t %SessionsPath%autosave.win
  If (0 != ErrorLevel) {
    MsgBox, 48, , Sessionの読み込みに失敗しました。`n%SessionsPath%autosave.win
    return
  }

  Idx := 0
  WinTitles := ""
  Loop {
    Idx := RegExMatch(OSession, "\[(\d+)history url\].+?count=(.*?)\n", $, Idx + 1)
    If (0 == Idx)
      Break
    WinNum := $1
    HisNum := $2 - 1
    HisTitle := GetHisTitle(OSession, WinNum, HisNum, Idx)
    WinTitles := WinTitles " " HisTitle "`n"
  }
  If("" == WinTitles)
    return

  SetTimer, RenewCount, 1000
  MsgBox, 259, 退避確認(30秒後に通常起動), 起動時に最終セッションを退避しますか?`n`n◆最終セッションの内容◆`n%WinTitles%, %TimeLimit%
  SetTimer, RenewCount, Off
  IfMsgBox, Yes
  {
    TimeNum := A_Now
    BackupName := TimeNum ".win"
    Loop {
      FileMove, %SessionsPath%autosave.win, %SessionsPath%%BackupName%
      If(0 == ErrorLevel)
        Break
      BackupName := TimeNum "_" A_Index ".win"
    }
    If (1 == AutoConvSW)
      GoSub, SessionConvert
  }
  IfMsgBox, Cancel
    Exit

return

; --------- --------- --------- --------- ---------

RenewCount:
  IfWinExist, 退避確認( ahk_class #32770
  {
    TimeLimit--
    WinSetTitle, 退避確認(%TimeLimit%秒後に通常起動)
    if !TimeLimit
      SetTimer, RenewCount, Off
  }
return

; --------- --------- --------- --------- ---------

SessionConvert:
  If (1 == WriteTrgSW)
    FileCopy, %BookmarksPath%, %BookmarksPath%_%A_Now%

  CmdLine := SessionsPath BackupName
  SplitPath, CmdLine, , , , SessionName
  Result := "#FOLDER`n  NAME=[Session] " SessionName "`n`n"
  ResultBuf := Result

  Idx := 0
  Loop {
    Idx := RegExMatch(OSession, "\[(\d+)history url\].+?count=(.*?)\n", $, Idx + 1)
    If (0 == Idx)
      Break
    WinNum := $1
    HisNum := $2 - 1

    HisTitle := GetHisTitle(OSession, WinNum, HisNum, Idx)
    HisUrl := GetHisUrl(OSession, WinNum, HisNum, Idx)

    If (0 == HisReadSW) {  ; タブ履歴を無視する場合
      Result .= "#URL`n  NAME=" HisTitle "`n  URL=" HisUrl "`n`n"
      Continue
    }

    StringLen, HisNumLen, HisNum

    If (0 == HisNum) {
      Result .= "#URL`n  NAME=[" ZeroSupply(HisNum, HisNumLen) "] " HisTitle "`n  URL=" HisUrl "`n`n"
      Continue
    }
    Result .= "#FOLDER`n  NAME=" HisTitle "`n`n#URL`n  NAME=[" ZeroSupply(HisNum, HisNumLen) "] " HisTitle "`n  URL=" HisUrl "`n`n"

    Loop, %HisNum% {
      HisNum--
      HisTitle := GetHisTitle(OSession, WinNum, HisNum, Idx)
      HisUrl := GetHisUrl(OSession, WinNum, HisNum, Idx)
      Result .= "#URL`n  NAME=[" ZeroSupply(HisNum, HisNumLen) "] " HisTitle "`n  URL=" HisUrl "`n`n"
    }
    Result .= "-`n`n"
  }

  If (ResultBuf == Result)
    return
  Result .= "-`n`n"

  If (1 == WriteTrgSW) {
    FileAppend, %Result%, %BookmarksPath%, CP65001
  } Else {
    FileDelete, %CmdLine%.txt
    FileAppend, %Result%, %CmdLine%.txt, CP65001
  }

  If (1 == ACMoveSW) {
    IfNotExist, %SessionsPath%AutoConv\
      FileCreateDir, %SessionsPath%AutoConv\
    FileMove, %CmdLine%, %SessionsPath%AutoConv\%BackupName%
    If (0 != ErrorLevel)
      MsgBox, 48, , 変換済みセッションの移動に失敗しました。`n%SessionsPath%AutoConv\
  }
return

; --------- --------- --------- --------- ---------

GetHisTitle(OSession, WinNum, HisNum, Idx){
  RegExMatch(OSession, "\[" WinNum "history title\].+?" HisNum "=(.*?)\n", $)
  return $1
}

GetHisUrl(OSession, WinNum, HisNum, Idx){
  RegExMatch(OSession, "\[" WinNum "history url\].+?" HisNum "=(.*?)\n", $)
  return $1
}

ZeroSupply(Num, Digit){
  StringLen, NumLen, Num
  LoopNum := Digit - NumLen
  Loop, %LoopNum%
    Num := "0" Num
  return, Num
}

 Opera12、タブ大量でも起動が軽くなったのがいいね。でもUJS Managerが使えなくなったのが痛い。というか標準で実装しろと。エクステンション作れ/使えってか。ごもっとも。


[PR]
by lordnoesis | 2012-06-24 10:43 | テクノロジ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/18141815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 名称未定っぽい。 at 2013-01-23 22:32
タイトル : AutoHotKey_Lで、Operaの起動を便利にして..
 AutoHotkey_Lで、Opera12の起動を便利にしてみた。をちょっと改善。状況によってセッション退避やブックマーク変換が機能しない問題とか直ったはず(ちょっとしたってレベルじゃねーぞ。 作者にもわからんくなってきたので、機能をまとめてみる。 Operaの起動前に、前回終了時のセッション(AutoSave.win)の内容を確認できる。AutoSave.winを復元せずに、空のOperaを起動することができる。復元しない場合、AutoSave.winをブックマークに変換できる。AutoSave...... more
Commented by のいず at 2012-07-12 20:12 x
こんにちは、Autohotkeyを検索してて来ましたw
このAutoHotkeyって特定キー連射ってできるのでしょうか?もしできるとしたら1秒で最高何回できますか?
Commented by lordnoesis at 2012-08-04 23:59
連打はLoopとSendの組み合わせで可能ですが、どれくらいの間隔で連打できるかはマシンの性能と受けとるソフトの仕様によります。詳しくは「AutoHotkeyを流行らせるページ」を参考に。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる