AzPainter使ってみた。

 AzPainterといえば、しぃペインターの書き味をそのままWindows Binary化したと謳われるアプリ。もちろんネイティブアプリだけあって、フィルタやレイヤ関連など強化されている点も多々ありますが、反面しぃペに出来てアズペ?に出来ないこと――それが筆圧感知です。
 で、一応タブレット使いの私としましてはアズペは使ってなかったんですが、例によって例のごとく、何の気なしに使ってみました。はいはい気まぐれ気まぐれ。

 使ってみて驚いたのが、看板に偽りなし。本当にしぃペの書き味そのまま。しかも軽快。ペンツール万歳!

 ただツール関連もほとんどしぃペのままなのは、良くもあり悪くもあり。
 っていうかアンドゥリドゥがペンツールのウィンドウにあるってどうよ!?

 まあ、細かいことはさておいて、やはり何より軽快に綺麗な線が引けるのがいい。Pixiaに慣れてるので領域選択関連がもうちょっと強化されないかなとか思ってしまうが。PSD出力つかないかなー(お。
 筆圧対応する予定はあるそうなので期待。

 当時はあったんだよ対応予定。結局そのあと消えたけど。今はAzDrawingあるからそっち併用すればいいよ。

 AzPainter2で筆圧ついたー。


[PR]
by lordnoesis | 2006-06-17 23:03 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/4036381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる