画面(画像)を判定して条件分岐できるマクロ(自動操作)ツール。

AutoMouse -- 作者のページだったんだが、今現在(20090315)404だなぁ。
Vector:AutoMouse

 探してたソフトが4年ぶりに見つかったのでメモ。タイトルがくどいのはSEO(お。

 画面状態で条件分岐できるマクロツール。簡単にいうと、「この画像が表示されたらクリック、表示されてなかったら分岐」だとかそういうことができる。モニタに表示される以上、文字も画像だわな。

 まあ、単純なことしかできないが、その分簡単に使えるし、不足があれば他のツール(たとえばRoutine Worker)でも使えばよろし。






再会までの軌跡。

 はい、ここからどうでもいい話(日記)はっじまっるよー。せっかくなので、再びこのソフトに巡り合うまでの軌跡など記してみよう。

 4年ほど前、さる「大半を単純作業が占めるゲーム」をプレイしていたころに使っていたマクロツールがあった。そいつは長い時を経てHDDのどこかへと消え、名前も忘れ、覚えているのはGUIで操作可能だったということだけという有様。

 ふともう一度それを探そうという気になった。そんな気になったのはこれで3度目なのだが。2度は見つからなくて断念しているわけだ。で、やっぱり見つからず。

 そもそも最初に見つけた時も、VectorだかGoogleで検索したが、なかなか見つからなくて苦戦した覚えがある。Vectorで検索しても引っかからなくて、マクロ関連を片っぱしから試したような、Googleで相当下位の検索結果までしらみつぶしにしたような。両方やったのは確かなのだが、どちらで見つけたかは覚えていない。

 しかし今更そんな気力もなく。ググってもマクロ経済学だとかマクロ撮影だとかばかり引っかかるし。で、こういう時こそ人力検索だ!と思ったのだが、そもそも私は人力検索の類は使ったことがないのであった。

 私は人に物を尋ねるのが苦手だ。聞くは一時の恥などと申すが、大抵の場合一生恥にはならない。そういうのは放置だ。だが確かに、知っておかねばいずれ恥をかくような事柄も存在するわけで、そういう時は自分で調べる。人に尋ねるのは最後の手段だ。

 まあそんなことは、この際どーでもよくて。とにかく今こそ人に尋ねる時であろうと、出費なしで使える(<これ重要)Y!知恵袋に赴く。で、質問を書くわけだが、まずカテゴリで悩んだ。「こんなソフトありませんか?」ってどこに書きゃいいんだ?

 実のところ、2chの「こんなソフトありませんか?」スレという手もありそうな気はするが、あのスレは要求機能を満たすソフトを探すスレであって、要求ソフトを探すスレではないのであった。

 とにかく。Windowsカテゴリあたりに目星をつける。ついでに目についた質問に答えたりして。さあいざ質問せん!となるわけだが、そこでふと脳裏をよぎる。「それくらいググれと思われないためにも最低限、この類を列挙しておこう」

 ……でまあオチなわけだが、それでいろんなワードでググって類似ソフトを洗い出し、とどめにVectorの上位だけでも総当たりを――と思ったら、あった。見覚えのある、非常に簡素な"詳細説明"。ここにいたのねママ! 4年の歳月は、件のソフトを上位に押し上げたようだ。


 ていうかさー。以前から思っていたのだが、Vectorの検索はどうして一行説明しか引っかかりませんか? 詳細説明も検索対象にしろと! 今回みたいに一行解説に「クリックを自動化」とかしか書いてないと手も足も出ないっつーの。

 というか。リニューアルしてからカテゴリ検索ができなくなってるのはどういうことですか。まさか誰も気づかないのか。


[PR]
by lordnoesis | 2007-01-04 11:20 | テクノロジ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/5248618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by プラダ 店舗 at 2013-06-28 22:46 x
今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる