今さらPageReadingのパワァを思い知る。

 pukiwikiのページ一覧表示は"記号"、"A"~"Z"、"日本語"という分類がなされる。で、設定をONにすることで"日本語"を"ア"~"ン"といった具合に、さらに細かく分けることができる。
 読み仮名は設定がONの時にページ一覧を表示すれば、「:config/PageReading」に自動的に登録される(更新も然り)。KAKASIなどの漢字かな変換ツールが設定されていればベターだが、なくても「:config/PageReading/dict」の設定を元に適当にやってくれる。で、読み仮名が間違ってる時だけ手動で前者の方を変更すればよい。


 ――のだが、pukiwikiを運用し始めて早幾年、この機能が動作した覚えがないっつー。まあ別になくても困らんのでほっといたんだが。
 で、何となくpukiwiki.dev眺めていたら衝撃の事実が! pukiwiki.iniの「$pagereading_enable」をONにせにゃならんかったのかッ!(そら動作せんわ!

 読み仮名が$non_listに引っかかるように指定して、任意のページ非表示にできないかなと思ってやってみたら、できたできてなかったorz


[PR]
by lordnoesis | 2008-03-25 22:49 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://poimono.exblog.jp/tb/8523575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる