今さらPageReadingのパワァを思い知る。

 pukiwikiのページ一覧表示は"記号"、"A"~"Z"、"日本語"という分類がなされる。で、設定をONにすることで"日本語"を"ア"~"ン"といった具合に、さらに細かく分けることができる。
 読み仮名は設定がONの時にページ一覧を表示すれば、「:config/PageReading」に自動的に登録される(更新も然り)。KAKASIなどの漢字かな変換ツールが設定されていればベターだが、なくても「:config/PageReading/dict」の設定を元に適当にやってくれる。で、読み仮名が間違ってる時だけ手動で前者の方を変更すればよい。


 ――のだが、pukiwikiを運用し始めて早幾年、この機能が動作した覚えがないっつー。まあ別になくても困らんのでほっといたんだが。
 で、何となくpukiwiki.dev眺めていたら衝撃の事実が! pukiwiki.iniの「$pagereading_enable」をONにせにゃならんかったのかッ!(そら動作せんわ!

 読み仮名が$non_listに引っかかるように指定して、任意のページ非表示にできないかなと思ってやってみたら、できたできてなかったorz


[PR]
by lordnoesis | 2008-03-25 22:49 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

AutoHotKeyで、マンガミーヤCEのタブ移動を便利にしてみた

 タブ大好きな私は、画像ビューアもタブが使えるマンガミーヤCE。しかしこやつのタブ関連はオマケのようで、それらしいのはキーカスタマイズで「次のビューウインドウへ」が割り当てられるくらい。――と思っていたのだが、ビューとは別に「次のタブへ移る」なるコマンドがあることに今さら気づく。しかもコンビネーションがCtrl+Tabってことは――おお、やはりCtrl+Shift+Tabで逆転か! これだよこれ!!

 で。一々コンビネーション打つのは面倒だが、メインメニューに存在しない機能ゆえ、キーカスタマイズで割り当てることはできない。というわけでAHKで割り当ててみた。

#IfWinActive ahk_class MainFrameDockWindow

Numpad4::^+Tab

Numpad6::^Tab

$WheelUp::
  MouseGetPos,,,,Ctrl
  if(Ctrl="")
    send,^+{TAB}
  else send,{WheelUp}
return

$WheelDown::
  MouseGetPos,,,,Ctrl
  if(Ctrl="")
    send,^{TAB}
  else send,{WheelDown}
return

 ミーヤCEがアクティブな時にテンキーの4と6、あるいはホイールでタブを移動できるようにした。

 ホイールでのタブ移動は、ツールバーかビューにカーソルがない場合のみ。具体的にはタイトルバー、メニューバーやタブバーなどの、ClassNNを持たないコントロール。ただし手抜きなので、ミーヤCEがアクティブなら、他ウィンドウ上で条件を満たしても反応する。

 というかむしろミーヤCEが非アクティブでもタブ切り替えたいんだが……。なんでミーヤCE、非アクティブ時はキー送られても無視する仕様なん?(´・ω・`)


[PR]
by lordnoesis | 2008-03-15 21:07 | テクノロジ | Trackback(1) | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる