AutoHotKeyで、CardWirthEditorのキー操作を改善してみた。

 なんかAHKネタしか更新してない気がするが、こういうものは一気にやるものなので仕方がないな!


 CardWirthEditorはキーボードで操作することをほとんど考えていない。稀にショートカットキーが指定されてるかと思えば、Windows標準と異なってたりする。困る。
 で、AHKで置き換えれば――となるわけだが、どうもツールバーのコマンドIDがよくわからない。とても困る。
 というわけで、カナリノ力技デース(なぜカタコト。

;--------------------------------------------------
; CW Editor
;--------------------------------------------------

#IfWinActive ahk_class TViewForm

F2::
  Send,{AppsKey}{Down}{Enter}
return

^x::
  ControlGetFocus, OutputVar
  if(OutputVar="Edit1")
  {
    KeyWait,CTRL
    keyWait,x
    Send,{AppsKey}t
  }else{
    send,^x
  }
return

^c::
  ControlGetFocus, OutputVar
  if(OutputVar="Edit1")
  {
    KeyWait,CTRL
    keyWait,c
    Send,{AppsKey}c
  }else{
    send,^c
  }
return

^v::
  ControlGetFocus, OutputVar
  if(OutputVar="Edit1")
  {
    KeyWait,CTRL
    keyWait,v
    Send,{AppsKey}p
  }else{
    send,^v
  }
return

 これでF2で「選択肢の変更」アクティブにしたり、その最中にCtrl+XやCやVでカットしたりコピーしたりペーストしたりッ!(うわふつー。

 あとは、右クリックするとコンテキストメニュー出るわけだが、その時カーソルの下にある項目でなく選択済みの項目が対象になる仕様も改善すべく、右クリックに左-->右クリックを割り当て。これでただコンテキストメニュー開くためだけに左右クリックを素早く押すという似非マウスジェスチャーから解放される!(お。
 マウスは(ワシ的に)MouseGesture2.ahkの範疇なので、そちら向け。AHKだけの人は各自適当に。

[CWEditor]
WClass=TViewForm
[R__]
G=RB__
CWEditor=Send,{LButton}{RButton}

 さらにCWEditorを便利に使いたいなら、CLCLでよく使うコンテントの組み合わせを登録しておき、すぐに呼び出せるようにしておくといいだろう。よく使うフラグ(大規模シナでの汎用フラグ等)ON/OFFとか、画像指定済みのメッセージコンテントとか、クーポン指定済みのセリフコンテントとかをボタンひとつで貼り付けできるように。



どーでもいいスクショ
[PR]
by lordnoesis | 2008-05-29 08:27 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

AutoHotKeyで、Operaのタブ切り替えをホイールのみで可能にしてみた。

 最新版はTag:Operaから。

 Fx3試した流れで、Operaのカスタマイズをより進めてみたのだが――。

 Operaは深い部分のカスタマイズが、テキストベースかつ英語ゆえに面倒だ。有名ブラウザの中でもカスタマイズ性に富む方だとはいえ、作り込まれたIEコンポーネントブラウザのようなニッチな機能まではなく、かといってFxのような拡張はできない。少数派ブラウザなので対応してくれないwebサービスが存在することも。
 まあそれでも基本動作が軽快なので、多少の問題は目をつぶれる。

 その上で、個人的に致命的に思えるのが「タブリスト上でホイール回してタブ移動」ができないこと。AutoHotKeyで何とかしようと思ったが、キーでタブ移動する操作がわからん。「Ctrl+Tab」あるいは「右クリック+ホイール」でタブリストの表示はできるが、やはりホイールだけで気軽にやりたい。

 ――って、Ctrl+Tabをホイールに割り当てればいい(リスト表示されても別に困らない)じゃないか!(気づくの遅。

#IfWinActive ahk_class OpWindow

$WheelUp::
  MouseGetPos,,,,Ctrl
  if(Ctrl="OperaWindowClass2")
    Send,^+{TAB}
  else send,{WheelUp}
return

$WheelDown::
  MouseGetPos,,,,Ctrl
  if(Ctrl="OperaWindowClass2")
    Send,^{TAB}
  else send,{WheelDown}
return

 以前書いたマンガミーヤ用のものを流用――っていうかキーコンビネーションも同じなので、ほぼコピペで終わってしまったっつー。
 相変わらず手抜きゆえに、アクティブ時のみ動作。ブラウザは非アクティブでも使うから地味に困る。でも地味だし面倒だから放置(お。
 それと、パネルとか他のバーでも動作することがありますご了承ください(ぐへ。

 手抜き(Operaを探す際にウィンドウタイトル部分一致を使っていた)をしていたら、ahkが解らず困っている人がいたので修正。
 これでも動かない人は、"OperaWindowClass2"のあたりが不適当なのだと思われる。AHKに付属のWindowSpyでタブリストのClassNNを調べて書き換えるよろし。

POI: AutoHotKeyで、Opera10のタブ切り替えをホイールのみで可能にしたいんだけども。 -- 新版。10専用ではない。


[PR]
by lordnoesis | 2008-05-23 01:53 | テクノロジ | Trackback | Comments(1)

サンワサプライのMA-LS3を使いこんでみた。 / マウスカーソルの速度調節。

 先日買ってから今日まで使い続けて思ったこと。

 第一印象では思っていたより大きく感じた。特に高さが問題で、これは掌の中でマウスをつまむように動かすタイプの私にとっては致命的に思えた。以前使っていたマウスが平らだったこともあり、違和感が強かった。しかししばらくして手が高さを覚えると、気にならなくなった。人間ってすごい(ぬえ。

 これは大抵の5ボタンマウスにいえることだが、4,5ボタンは横に並べるより縦の方がいいと思うんだけどなぁ……。親指の間接フルに使って曲げるより、第一関節軸に動かす方が楽だろ……。

 チルトは押しやすい。他のホイール操作の際に誤って発動せず、さりとて固すぎない適度な押し心地。ホイールにノッチがあるのもよい――が、そのノッチの感触が"鈍い"。個人的には"弱く"、"鋭い"のが好きだ。

 ケーブルは長い。まあこれまで使ってたマウスがどちらかと言えば短い方だったのだが。ケーブル自体はグランツ以降デフォルトになった太めの物で、よほどのことがない限り断線することはないだろう。
 加えて本体が軽量であり、また認識装置がレーザーであることもあり、非常に軽快に扱える。

 移動量カウント切り替え機能が体感できない。以前のマウスの800/400切り替えはあからさまに速度が変わったものだが、何故かこいつの1600/800/400切り替えは違いが解らない。ひょっとして操作ミスか何かで動作してないのか?と思えるくらい。

 そして最大の問題はマウスドライバ。以前のマウスとはドライバが異なるため、機能強化されているのだが、逆におかしくなった点もあった。
 以前のドライバは、ほとんどのスクロールバーを動かせた(同種ソフトでダメだったものも)。その反面、一部のコントロールにホイールの回転が送られない問題があった。しかしこのドライバではその問題も解消されているようで、その点では好感がもてた。
 だがアプリケーションごとに挙動(スクロール量など)が異なるわ、マウスの速度設定が微妙だわ(設定範囲が狭く、最大でも私には遅い)、各ボタンに割り当てられる機能が固定でしかも微妙だわ!

 最も致命的だったのが、ホイールリダイレクトする際に一部の非アクティブウィンドウがアクティブになってしまうこと。以前のドライバではそういう設定に覚えが思ったが、こちらでは項目自体が見当たらず、「一部」というのを鑑みるとバグにしか思えない。


 結局ドライバをアンインストールし、現在は標準5ボタンマウスとして利用している。4,5ボタンはAHKやMouseGesture.ahkで利用できるが、チルトに関してはOSが非対応(チルトにはVistaで対応したが、MA-LS3のは実はチルトでなく拡張ボタンの6,7なので対応できてるか不明)なのでただの飾りと化している。本体の評価は悪くないだけに残念だ。

 しかし今さらだが、どうせならチルトよりトラックボール買った方が面白かったんじゃないか?(ぬえ。
 ところで、同様の感想を公式サイトに投稿したのだが――感想の見返りが「毎月抽選で"光学マウス"プレゼント!」ってのはどうなのか(ぬあ。


 また、デフォルトが800カウントなので、レーザーマウスの割にマウス速度が遅く(赤外線マウスと同等に)感じるのだが、それに関しては素晴らしいページを見つけた。まさに神いわゆる(ry
 私が使ってるのは"Inclination_90-2.reg"ってやつ。慣れるとこれでも遅く感じるからすごい。

POI:サンワサプライのMA-LS3を使いこんでみた。の追記。 -- この記事の続き。


[PR]
by lordnoesis | 2008-05-13 17:15 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

USBオーディオデバイスとマウスとwebカメラ買った。

 以前USBオーディオデバイスをダメにしてからずっと本体のサウンドデバイスで我慢してきたのだが、もう限界。ドライバがアレなのか、DirectXバリバリのアプリで音が鳴らなくなる。

 しゃーないので以前と同じMM-ADUSBを買い直した。MM-ADUSB2の方が安いし、良く見たらケーブルが普通のUSBケーブルなので、断線しても交換可能といいことづくめだったが、マイクのポートも欲しかったので否決。
 他社製品も考えたが、ドライバの関係でcm108チップ採用機がよかった。それを考慮に入れてみると、普及機種の中ではMM-ADUSBが一番良いようだ。

 最新ドライバだと録音デバイスにステレオミキサーがないため、古いドライバを探すのに苦労した。いや、それ自体はいくつか見つかるのだが、その中でどれが一番新しく、そしてステレオミキサーがあるかどうか試すのが面倒だった。


 で、ふとアウトレットを覘いたら、欲しかった5ボタンチルトホイールレーザーマウスがなんと¥1kで! 購入(みぇー。
 送料¥500、購入金額¥2k以上で無料ということで、あと¥1k追加することに。あって困るもんじゃなし、USBハブでも買おうかと思ったが、ふと閃いてwebカメラを購入。

 実は姉がwebカメラを手に入れたのだが、相性問題でskypeで使えなかった(WindowsLiveメッセンジャーでは使えたが、相手がMacなので無意味)と嘆いていたので、プレゼント。
 ――しようと思って買ったのだが、使ってみたら存外面白く、手放すのが惜しくなったので姉のは別途購入することに(ぬあー。


 って、改めて見返すと全部サンワサプライだな。どんだけサンワ好きなんだよ自分!?
 ちなみにポイント使いまくったのでほとんど現金使ってまへん。


[PR]
by lordnoesis | 2008-05-11 14:59 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

間違いだらけのペペロンチーノ。

 食材がなかったので、あり合わせの物でちょっとペペロンチーノ作ってみた。具体的にはサラダ油とおろしニンニクと七味唐辛子(えー!?

 で、これがまた存外美味かったという。自分でやっといてなんだが、とてもじゃないが成功するとは思ってなかった。


[PR]
by lordnoesis | 2008-05-04 18:59 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる