サンワサプライのMA-LS3を分解整備してみた。

 最近、ホイールの調子が悪かった。ノッチが緩くなったり、瞬間的に回転方向とは逆の信号が出たり(チャタリング?)。前者に関しては摩耗かとも思ったが、後者が出るには(部品の劣化には)早すぎると思ったので分解してみたところ、案の定ホコリが積もっていた。掃除したところ、現在では両者とも改善された。

 分解整備といってもただの内部掃除。マウスの分解なんざわざわざ記事にするほどの事でもないが、組み立てに関して少々手こずった&学習したのでメモ。当然のことながら分解すれば公式サポートは受けられなくなるだろう。まあ、マウスだし。


 まず分解に関してだが、ネジ穴はよっつ。すべてマウスの底面にある。
 上ふたつはマウスの足(摩擦係数の少ないそれ)の奥に見えているそれ。"足"をずらして外すが、"足"をなくさないように注意。
 下ふたつはラベルの下に隠れているので、ラベルに穴をあけるかはがすしかない。位置はシリアルナンバーの枠の、左下の角のあたりと、シリアルナンバーの右からふたつ目あたり。ドライバーかなにかでなぞれば解る。

 ネジを外したらそのまま外装を分割できる("底面"と"外装")。外装のサイドを(普段通り握るように)持って、ケーブルを下側(重力的な意味で)にひっぱればスキマができるので、あとはそこから開けばよい。
 頭の方(ケーブルが出てる方)にホイールを支える小さなスプリング部品(強固な固定はされていない)があるので、なくさないよう注意。まあ天地逆さまで開いたりしなければ底面にそのまま残るので大丈夫だと思う。また、5,4ボタンが外装にネジ止めされている関係で、基盤と外装は完全には分離しない。ホイールの掃除だけならさせる必要もない。

 ホイールは、ホイールとそれを支えるフレームと基盤からなり、ホイールをフレームから外そうとすれば、フレームと基盤も自然に外れるはず。基盤を持って、ホイールと基盤を斜め下に倒す感じ。組み立てる時は逆順。

 さて、問題の組み立てだが。分解の工程や外装と基盤の関係もあって、外装=器と底面=フタのような概念で捉えていたが、組み立てにおいてそれは誤りである。当機はチルトホイールであるため、従来のホイールマウスよりもホイールの自由度が高い=ほとんど固定されておらず、唯一それらしいのが底面から延びるアームである。そのため組み立ての際には底面にケーブル、基盤とホイールの順でセットしてから、上から外装をかぶせる形になる。その際に例のホイールを固定する小さなスプリング部品に注意すること。正しいのは、ホイールフレームの先端のわずかな突起にスプリングがはまっている状態。それに注意しつつ力の限り外装をはめ込めばOK。この状態でホイールをクリック・回転・チルトさせてみて違和感があればはめ直し。出来ていれば、あとはネジと"足"を戻すだけだ。


[PR]
by lordnoesis | 2009-03-29 13:29 | テクノロジ | Trackback | Comments(2)

しばらくIE8を使ってみたが……。

 公開されてからサブマシンでしばらく試していたわけだが……。良くも悪くも軽くなったIE7、って感じ。IE7な人は入れればいいと思うけど、そもそもIE7が嫌いでIE6のままな私には入れるメリットが浮かばなかった。確かに、スクリプトの実行速度が速くなってるのはいいけれど、DLL入れ替えで一応対応できなくもないし、そもそもIEでスクリプト多用してるページ見ない。HTMLのレンダリングが向上したのは素晴らしいことだが、そもそもIEで(ry(ぐへー。

 まあ、IE7のルック&フィールが嫌いとはいっても、普段使っているのはIEコンポーネントブラウザなので関係ない。ないのだが、であるからして、レンダリング向上のためだけに「Ctrl+ホイールで文字サイズが変換できなくなる」問題を許容できるかという話になる。困る。AHKで対応できなくもないが……。
 ていうか、IE7の時に「沢山苦情が寄せられたから、アップデートで対応するかも」とかいっておきながら、未だに放置なMSはほんともうね……。

 というわけで、キラーアプリが出るまで自業自得の精神でIE6を使い続けることになりそうだ。とりあえず、「IE6なんてこの宇宙から消えてなくなれ!」と思っているwebデザイナーたちの邪魔にならないようにUA偽装でもしておくか(ぬへ。
 しかし実際IE6が消え去るのは、Windows2Kが消えてなくならない限り無理だと思うが……。そんな意味でもWindows7に期待してる人は多いのじゃないかしら。


[PR]
by lordnoesis | 2009-03-25 22:14 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

AutoHotKeyでL.P.Utterっぽく日時を出力してみた。

 本家で公開してる自作ツールの中に、L.P.Utterという日時を出力するだけの小さなソフトがある。あるんだが、実は1年以上使っていない(ぐへー。
 いや、日時は相変わらずファイル名とかに重用してるんだけども、今はAHKで出力させてるっていう。当時はリソースに限りがあったので、常駐させない方向でああいうソフトを作ったのだけど、今の環境ならAHKにやらせるのが自然だなぁ、と。

$^+t::
  keywait, Ctrl
  keywait, t
  loop, parse, A_Now
  {
    if (A_Index = 13)
      break
    send, {Numpad%A_LoopField%}
  }
return

 sendがこれで通ることに気づくまで、すごい回りくどいスクリプトだった。

 ちなみに。なんでいちいちNumpad使ってるかっていうと、MS IMEの「テンキーからの入力」オプションを「常に半角」にしておけば少し幸せになれるからです。

 IME制御関数(http://d.hatena.ne.jp/morakana/20080213/1202876561)を使うなら普通にFormatTime使えばよい。

$^+t::
  ImeStatus := IME_IsON(WinExist("A"))  ; ONなら1、OFFなら0
  IME_ON(WinExist("A"), False)
  keywait, ctrl
  keywait, t
  FormatTime, TimeBuf, , yyyyMMddHHmm
  Send, %TimeBuf%
  if ImeStatus
    IME_ON(WinExist("A"), True)
return



バリエーション
[PR]
by lordnoesis | 2009-03-18 17:12 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

AccessKeyの話。

 最近いろいろあってaccesskey属性を見直したのだが、HTML5ではなくなっちゃうんだよなこれ……。なに考えてんだか。まさかscript等を駆使してやれっていうの?

 気づいたら復活してた。

 というかOperaでアクセスキー使う方法知らなかったよ。アクセスキーモードとはこれまた面白い。


[PR]
by lordnoesis | 2009-03-15 02:30 | Web | Trackback | Comments(0)

Wiiが修理から返ってきた。

 DVDライタ買った話よりこっちが先やった(ぐへー。


 Wiiのドライブから騒音が酷かった。最初期に出荷されたWiiでは珍しくない話で、ググればいくつかひっかかる。だいたい¥3kほどかかるものらしい。海外のフォーラムで「ドライブ固定してる金具の問題だから、自分で直せるよ」って話を見た気もするが、分解によって公式サポート受けられなくなると困るので、おとなしく修理に出すことにした。他のハードならまだしも、Wiiは公式でしかできない処理(Wii間のデータ移動など)があるから困る。

 で、2月15日に出して返ってきたのが2月26日(今更すぎるだろこの記事。) お代はやはり¥3kでした。ドライブ交換(¥8k)でなくてよかった。しかし納品書みると金具に加え「ドライブユニット交換」とも書いてあるんだが、ドライブ交換されてるのか?


[PR]
by lordnoesis | 2009-03-11 14:57 | ゲーム・ホビー | Trackback | Comments(0)

DVR-116D買った。

 かなり前に外付けDVDライタ(SONYのDRX-500ULX)が壊れたので、ここしばらくメーカー製PCについてきたDVDライタ(DVR-104)で我慢していたのだが、色々あって新しいものを買うことにした。DVDを焼く速度が遅いのは運用方法で我慢できなくはなかったが、なぜかCD-Rが上手く焼けないことが判明したため。

 色々検討してDVR-116系に目星をつけたのだが、このシリーズは混乱するくらいラインナップがあって、そこからまた困った。で、さらなる検討の結果、結局DVR-116Dを購入した。


 早速設置となるわけだが、IDEに空きはないので、DRX-500ULXを分解してドライブだけ交換する。というか既にDRX-500ULXは分解済みで、とっくに中身はDVR-104である。同様にして、普通に交換を済ませた。が、IEEE1394で接続しても認識されない。デバイスマネージャを見ると「ドライバがありません」。しかしこいつは標準ドライバで動くはずだ。試しにDVDドライブでなくHDDをつけて、さらにUSB2.0接続に切り替えたところ、「DVDドライブ」として認識された。これはドライバが更新されないのが問題なのだと考え、(116Dをつけ直して)ドライバを削除し「ハードウェア変更のスキャン」をしたところ問題なく認識された。

 しかしマイコンピュータでの表示が「CDドライブ」なのは妙な感じだ。CD以外の読み込みも焼き込みも問題ないからいいが。あと、RecordNow 4.60で認識されないのだが、これはソフト(のバージョン)が古すぎると予想、納得。ライティングはフリーソフトでも出来るから問題ない。


 実際に使ってみた感想だが、静か&速い。まあ速度に関しては、IEEE1394接続ということもあって8倍弱しか出てないんだけど、今まで4倍速ドライブ使ってた人間からすれば倍速い(そらそうだ。) 静かなのは普通にすごい。といっても最大速でディスクブン回してる時は相応の音が出るけど。


 ところで。ネット通販でやたら安売りしてる店は、送料でボってるというのは有名な話だが、今回さらに「社内事務手数料」という手口を知った。通販は表示価格と送料に加え、さらに料金増ですよっていう。それは普通に詐欺だろ……。



DVR-116系のラインナップについて。
[PR]
by lordnoesis | 2009-03-11 14:15 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる