Chromeで、ドラッグ&ドロップしてショートカットを作る方法。

 GoogleChromeはアドレスバーにアイコンがないから、アイコンをデスクトップ等にドロップしてショートカットを作る技が使えなくて、ずっと困っていたのだけど。URL全体を選択状態にして(キーでもドラッグでもトリプルクリックでもなんでもよい)、それをドラッグ&ドロップするといけるのね。これで不満がひとつ解消されたわ。
 現在は、単純にファビコンドロップだけでもいけるようになったのね。

 まあ、お気に入りグループ(セッション)が使えない致命的な問題はどうしようもないけど。せめて「最近閉じたタブ」の数がもう少し多けりゃなぁ。
 これも現在は拡張でOK。ワシが使ってるのは「FreshStart」。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-14 18:18 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

自動化=トラブルも自動化。これ真理。

 しまったここにジャンクション作っておいたのすっかり忘れてたorz

 いや拙作の「重複ファイルハードリンク化支援ツール」こと「d2b.exe」なんですがね。あるフォルダと、そのフォルダに対するジャンクションの中身が重複ファイルと判断されてしまうと、どちらか一方の中身を消した時点でもう一方も消えるわけで、ハードリンク作るどころか消えちまうぞ!っていう。

 まあd2b.exeは、与えられた重複ファイルリストを元にバッチ作るだけのものなんで、原因はそういう重複ファイルリストを利用したことの方なんですが。ううう、ジャンクションに対応している(ジャンクションは無視してくれる)重複検索ソフトを使っとくんだったぁー!

 バージョンアップして誤削除を回避するようにした。結果として安定性も向上していうことなし。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-13 12:31 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

飛び出すあいつがカラーになって帰ってきた!

 DSiLLに秘められた恐るべき真実に気づいてしまった……ッ!

 携帯できない携帯機。本体カラーは赤。……あとは、わかるな?(ぐへー。

 縦持ちにして、右目で右の画面を、左目で左の画面を見る。近頃、映像業界で話題の3Dですよ! 打倒とびだシッド!!(えー。
 ――え、操作? えーと……あ。もう一台DSを用意するコナミアーケードコレクション方式だよ! コナミは今すぐコントローラー化DSiWareを無料配布して、各社に仕様を公開するんだ!!(ぬへー。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-05 09:14 | ゲーム・ホビー | Trackback | Comments(0)

Agendaがバージョンアップされてた。

 OSをクリーンインストールしなおした。その5。

 私はWindows9x時代からAgendaを愛用してるんですけどね。タイトルバーよりやや細い、小さなバーに日時が表示されてるデスクトップアクセサリ。そこからスケジュール機能やメモ機能を呼び出せたり、ランチャーになったりもする。かつてのフリーソフトブームを経験した人なら、覚えがあるかもしれない老舗ソフト。
 これが、XPでタスクトレイ格納機能を使うとに入れるとエラーが出る。前に更新された時期的に、XP対応してないのかもしれない。困った。でも他に代替がきかないし、心中するしかないと思ってた。ところがなんと、入れなおそうとググってみたら更新されてるじゃないですか。ver.が4つも進んでて、最後の更新はなんと去年。またVectorトラップか!!(ぐへー。

 いや別に、なんか機能が追加されてるってわけじゃない。ただバグがなくなってて、今後も安心になった。それだけの、とても大切な話よ。

Oceansoft Library総合情報管理ツール Agenda


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 15:37 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

aviraを試してる。

 OSをクリーンインストールしなおした。その4。

 先日、AVG9.0がリリースされたわけだが、すぐさま飛びつくようなものでもないし、気になる噂(カリカリ)を耳にしたためにver.UPを見合わせていた。なお、友人が試したところ、発表通りフルスキャンはかなり早くなったが、やはりアイドル時にもカリカリいうらしい。
 そういうタイミングで、OSをクリーンインストールするはめになったわけで。

 こうしてアンチウィルスがなく、HDDも最適化されている環境を利用してみると、えもいわれぬ解放感がある。なんつーか、軽い。というか、常駐スキャンOFFにしてた時よりも軽い気がする。普通に考えたら環境が綺麗だからなんだが、あるいは常駐スキャンOFFでもある程度の負荷はかかってた可能性もある。なにがいいたいかっていうと、アンチウィルスソフトの中でも軽い部類に入るAVGですら、それなりに存在感はある、ということだ。特に、私はことさら軽さとシンプルさを好むゆえに。

 そんな時、AVGより軽いといわれるaviraが、12月の日本語版リリースに向けベータテストを行っているという。ただでさえベータとか好きな私。アンチウィルスは気軽に変えれるものではないが、それゆにこの機会を逃せば次はない。というわけで試してみた。

 ――って軽ッ。なにこれかるい。ちゃんと保護されているのか不安な程度に軽い。メモリも10MBくらいしか食ってない。いやぁメールスキャナとかPFWとかウェブ保護とか入れなかったから、一般的な話ではないけども、私の環境で軽いのは事実。AVG7.5時代を思い出す気もするが、実際計ったわけじゃないので気のせいかもしれぬ。これで検出率が高いってんだから、恐ろしいぜー。

 まあヒューリスティックはそれなりに誤検出もするそうなので(原理的にしょうがない)、ずぶの素人にはお勧めできないかもしれん。そういう人はちゃんとサポートのある有料ソフト使いなさい。ついでに。安かろう悪かろうなソフト使ってる人は、MSのも悪くないそうなので、いっそ移った方がマシなんじゃないだろうか。だがそういう人間はそもそもこんな情報読まないっていうね(ぬへー。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 11:43 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

GeForceFX5200のドライバでトラブった。

OSをクリーンインストールしなおした。その3。


最新ドライバでのトラブル

 GeForceFX5200のドライバだが、最新の175.16を入れたところ、解像度が変更できないトラブルに遭遇。そもそも内部的に異なるサイズのスクリーンを生成できてない?ようで、一部DirectXを利用するソフトも起動しないトラブルが(というよりそれの原因を追及するまで気付かなかった)。
 同ドライバを入れなおしても解決せず。ひとつ前の正式リリースver.である169.21に差し戻したところ解決した。ver.の問題なのか、入れなおし方の問題なのかは不明。

TV出力がS端子を利用すると白黒・モノクロになるトラブル

 ついでに、以前解決したがログってなかった情報をこの機会にログっておく。

 FX5200でTV出力にS端子を利用すると、白黒・モノクロになる問題がある。噂によると、抵抗値でコンポジットかS端子かを判断しているので、上等なS端子ケーブルだと誤検知するとかなんとか。古い世代のドライバでは、誤検知はするが手動選択で回避可能だった。だが現行のドライバでは自動のみなので困るという話。

 これはドライバの現行コントロールパネルでは手動選択できないだけで、古いコントロールパネルを利用することで回避できる。最近のドライバでは古いコントロールパネルに切り替えるメニューはなくなったが、レジストリを変更することで強制できる。

GAMER'S NETWORK:nVIDIA ForceWare160系でクラシックコントロールパネルを使用する方法
ルーチンワーク札幌:nVidia GeForce FX5200 のTV出力が白黒になる時の解決法

 以上を参考にクラシックコントロールパネルでS端子ケーブルを強制すればOK。そのあとはコントロールパネルを戻しても問題ない。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:33 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

NTFSのアロケーションユニットサイズ(クラスタサイズ)を模索した。

 OSをクリーンインストールしなおした。その2。

 アロケーションユニットってのはNTFSのクラスタみたいなもんだが、こいつが結構厄介。以前、大きくするとパフォーマンスが向上するという話を聞いて試してみたことがあるのだが、確かに効果はあった。特に1つのフォルダに大量のファイルが存在する場合、ファイルの列挙速度が段違い。ただしこれは、断片化してないから早いという可能性も(断片化0%の状態で比較しても速度が段違いなので、おそらくアロケーションユニットサイズの効能)。そして、他の性能に関しては微増程度。そう考えると、容量が少なくなるデメリットとトレードオフできてない気がするわけだ。

 でまあ、いろいろ調べた上での私の結論はっつーと。

  • 基本的に(ほとんどの環境における)デフォルト値の4KBで問題ない。
    • 4KB以下ではNTFS圧縮を利用でき、節約できる(環境にもよるが、1TBのHDDで5GB程度儲かる)
      • CPUが高速なら、NTFS圧縮の計算コストをほぼ無視できる。
      • CPUが特に高速なら、NTFS圧縮ONの方がパフォーマンスが向上する(機械的なロスの方が大きい)説? --> それなりの環境でもやっぱりONのがやや遅い。現実は甘くはなかった。
    • 断片化はそれなり。それによるパフォーマンス低下の可能性を考慮すべき。
  • 少しでも断片化を回避したい/パフォーマンスを上げたいなら16KBを検討してもよい。
    • 16KBより上はクラスタギャップが酷すぎるため、最も現実的な数値。
    • それでも多少のクラスタギャップは出る+NTFS圧縮が使えないことによる容量の無駄使い。
  • "比較的"少数の、巨大なファイルのみを扱う場合、64KBも考えられなくはない……?
    • 断片化は最もしにくい。
    • 前述のようにクラスタギャップは酷い(環境にもよるが、1TBのHDDで数十GB以上)
    • ベンチマークでは16KBの方が優れていたという情報も。

  • この中では、容量に関しては4KB+NTFS圧縮が一番お得。
  • 容量を犠牲にしても得るものが少ない(大量のファイルを扱う時に速い、くらい)。
  • やっぱりデフォルト(4KB)で十分。

 うーん結論が面白くない。デフォルトとか面白くないなー!(ぬへ。
 まあ私は、時間のかかるデフラグが嫌いなので(好きなやつはいないと思うが)、試しに16KBにしてみた。UPC速度にも自信がないしな!(今やPentium4なんてレガシーだからなぁ……)
 16KBだとデフラグがかなり高速化されて、デフラグするのが楽しく感じる(ぬへ。

 うーむやっぱり16KBじゃなくて4KB+NTFS圧縮でいい気がしてきた(ぐへー。
 ちなみにうちの環境(P4 2.8GHzというレガシーな)でNTFS圧縮入れると、転送速度が1/3くらいになりますな。普通に使う分には困らんけど。

 大容量HDDがアホみたいに安い今のご時世、容量よりスペックを優先したいと思ったなら、アロケーションサイズ云々よりRAID環境(RAID10あたり)を検討すべき。大容量化で、HDDが破損した時の被害も増大しているのだし……。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:29 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

OSをクリーンインストールしなおした。

 つい先日、かねてより計画だけはしていたOSクリーンインストールを実行した。というのも、IEの調子があまりに悪かったためである。IEコンポーネントブラウザより、それ以外の方がFlashが快適に動作するのでおかしいな?と思ったら、IEを利用した際のCPU使用率がとんでもないことになっていた。アドオン外したり設定初期化したりしたのだが、治る見込みがなさそうなので、いい機会だし地上の穢れを粛正することに(何。

 アロケーションユニットサイズで悩んだり試行錯誤したり、方々のファイルパスを更新したり、ドライブのアクセス権で困ったのを除けば、これまで以上にあっさり完了。ソフトウェア環境の復旧も1日強でほぼ完了した。

 とにかく軽い。入れなおしてよかった。再起動が30秒以内とかすごい!(今までがアレなだけのような。

 再インストールしたことにより、NTFS上のファイルが読めなくなったりしたが、ファイルプロパティの セキュリティ > 詳細設定 > 所有者 から新しい権限を設定しなおしたところ、あっさりアクセスできるように。助かったけど、それはそれでどうなんだろう……。

Windows.FAQ - ウィンドウズ処方箋w2k/XP:ディスク管理>Windows を再インストール後、元からあるファイルにアクセスできません

 正直、今更winFAQにお世話になるとは思ってなかったんだぜ。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:21 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

SkyDriveをエクスプローラで。

窓の杜25GBのWebストレージ“SkyDrive”をエクスプローラに統合「SkyDrive Explorer」

 いつか試したいのでメモ。同類に比べてシンプルっぽいのが好感もてるね。

 SkyDriveはこうでもしないとほんと使うの面倒。MSさん、あなたWebDAV推進派だったじゃないですかァーッ!!!


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 07:26 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる