次世代PSP(NGP)発表。

4Gamer.net:本日発表の次世代PSP「NGP」,国内48社と海外34社の参入メーカーが明らかに
4Gamer.net:CPUは4コアのARM Cortex-A9,GPUはPowerVR系! NGPのハードウェアスペックを見る

 特徴的なところといえば、高解像度有機ELのマルチタッチパネル、背面マルチタッチパッド、アナログスティック×2、ジャイロセンサ、GPS、ゲームメディアはシリコンメモリ(UMD廃止)、PSPエミュレート機能(PSP向けDLコンテンツがそのまま利用できる)、3Gネットワーク対応(詳細はまったく不明)。
 背面マルチタッチパネルは面白そう。デュアルスティックと背面タッチパネルの登場で、PSソフトの移植性は高まったと思われる。
 PSPの弱点を改善してきた感じで好い。

 発売は年末。ただ、価格、バッテリー使用時の連続稼働時間、3Gネットワーク関連の詳細は不明。ゲームも実機で動いてたのは一部のみで、サードはほぼ「PS3からの移植デモ」。デモで使われた作品の移植や続編が決定してるわけではないので注意。

 プレゼンでとにかく連呼されてたのが、「PS3並のグラフィック性能」「PS3からの移植性は高い」という点。各社の「PS3からの移植デモ」も、「短期間で移植できた」「若干処理落ちがあるが、ほぼそのまま」とアピールしていた。
 PS3の弱点もそのまま受け継いでしまう感じがしてイマイチ。

 参入メーカーが発表になったものの、具体例は特になし。そもそも発売はほぼ1年後だし、E3もあるのでこれは仕方ないか。
 ならなぜこんなタイミングで発表会開いたかって、3DSとついでにラスストの邪魔したかっただけですねわかります。
 おそらく凄いことになってると想像に難くない、「価格」と「バッテリー使用時の連続稼働時間」が発表になってないあたりからも、うかがえる。


 NGPで注目したいのはその互換性か。互換性がポジティブに働けば、PSシリーズ全体のアピールにつながる。PSP互換機能は「PSP+NGP」でアピールできるし、PS3互換性は「PS3+NGP」でアピールできる。これによりPS3に活を入れることができるかもしれない。

 ただ、高解像度ソフトの開発コストを改善できそうな要素はうかがえず。このままでは単なる「PS3の替わりのマルチ移植プラットフォーム」になってしまう可能性も。要するにiPhoneや3DSではなくPS3キラー。
 正直、(NGPに限らず)このままHD路線が(コスト削減なしに)続くと、ゲーム業界キラーになりそうな気がするが。

 また、移植性が高いとアピールしているものの、CPUはARM系だしGPUはPowerVR系で、PS3と関係ない。これで移植性が高いのなら、CPUがPowerPC系同士の箱丸<=>PS3の方が高いんじゃないか?と思わなくもないが、素人にはわからん何かがあるのだろうか。

 MSが箱丸互換携帯機を出す意図がない以上、ハイスペック携帯機の需要は独占できるだろうが、正直それほど強い需要とは思えない。価格と連続稼働時間いかんによっては、雲散霧消してしまうだろう。
 そして、この性能で価格を抑えられるとは思えない。いつも通り「初めは赤字覚悟で普及させる」戦法ができる体力が、今のSCEに残っているかどうか。そもそも、PS3も赤字だったのにスタートダッシュに失敗しているし。

 3Gネットワークも不安要素だ。基本的に通信業界は月額料金制なので、買い切り制が主体のコンシューマゲームには向いてない。AmazonのKindleが通信無料なのは、書籍の価格に含まれているためで、現時点でPSNを維持できてないゲーム業界ではおそらく無理。
 発想を逆転させ、3G月額料金にPSN維持費を上乗せすることで、なし崩しにPSN有料化を認めさせるという戦略も考えられるか!?(えー。

 まあ、「ゲーム機はソフトのためにしかたなく買う物」であるからして、今後に期待。


 というかなんでNGPやねん。ネオジオポケットに謝れ!


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-27 19:55 | ゲーム・ホビー | Trackback | Comments(0)

ChromeはWebMのみで行くとな。

CNET Japan:グーグル、「Chrome」での「H.264」サポートを打ち切りへ
engadget:Google ChromeがH.264対応をとりやめ、WebM推進を鮮明に

 Googleの戦略的判断が吉と出るか凶と出るか。WebMのグレーな部分への攻撃が本格化しそうだな……。

 そういやTheoraのこと完全に忘れてた!


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-12 13:37 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

ピザトースト美味ぇ。

 今朝は、余ってたパンとチーズとソーセージでピザトーストにしてみたのだが美味い。どうやら私がピザに求めていたものの大半は、チーズとソーセージで得られるらしい。生地はクリスピー派だから、トーストでもカリカリに違いはないし。

 だがどうやらチーズと肉(高コレステロール食品)も結石的にヤバい。先日また結石痛が来たし注意せねば。くそう一病息災だ。

 しかし謎なのは、今まで1回も石そのものを見つけてないのだよな。2回目と今回(3回目)は血尿すら出てないし。よほど小さい石なのか、あるいは薬で散ってるのか?


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-11 10:51 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

Operaのサイト別設定ってドメイン判別なのかー。

 Operaのサイト別設定ってドメイン名しかダメなのねー。いやUserJSが原因でGoogleリーダー(google.co.jp/reader/)で問題が起きるのでOFFにしたいんだけど、Google検索(google.com/search)でAutoPager使いたいっていう。

 で、悩んでたんだけど、(今回の場合は)GoogleリーダーをGoogle.co.jpで利用すればいいことに気づいた。これならドメイン名が別だよ、やったね(ry


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-03 23:54 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

関連付けを、動作中のアプリケーションで開くツール作った。

 私は複数のブラウザを使い分けててですね。最近は、web閲覧はOpera、2ch専ブラFx、関連付けはDonutLってところか。Chromeは起動速度が微妙になってきたのと、これまで担当していたフィードリーダー用途も、Operaの高速化によってGoogleリーダーでよくね?となったことから二軍落ち。あと近年、Donut系の軽さ(速度ではない)を再評価しつつあったり。

 それぞれ得意な分野を任せた配置なのだけど、ブラウザ起動していない時ならともかく、すでに他のブラウザが起動しているのなら、関連付けはそのブラウザで開いた方がリソース的にいいよなーと思い至って。で、作ったのがこのツール。

LORD PLAIN:Software>s2wa

 詳しく説明すると、パスを引数にしてこのツールを呼び出すと、現在動作中のプロセスと、あらかじめ登録しておいたリストを照合して、適合したアプリケーションを引数つけて呼び出すという。
 ブラウザ登録して、HTMLやインターネットショートカット、URL:HTTPあたりに関連付けるとすっげー便利。もうこれでIMなんかでURL送られてきた時に、考えなしにクリックしてブラウザの起動処理やマスターパスワード入力に煩わされることはないね!
 なお、ひとつもHITしない場合はリスト最上位のアプリケーションを呼び出すので、起動が早くて手間がかからないのを1位にしておくとよい(私の場合Donut)。

 s2waは同じディレクトリのリストを読み込むだけなので、もし複数のファイルタイプで使いたいのなら、s2waのディレクトリを複数用意する必要がある。
 リスト登録はブラウザに限定されてないけども、ブラウザ以外に「ひとつの拡張子に対応した複数のアプリケーション(どれもほぼ違いはない)が存在する」状況ってないよなー。しいていうならビューアー系か。


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-03 06:37 | テクノロジ | Trackback(1) | Comments(0)

CheckOverlapが便利 & COの補助ツール作った。

 CheckOverlapというツールがあるんだが、これが神いわゆる(ry。
 簡単にいうと、圧縮ファイルを中身で比較してくれるツール。しかも解凍してないっぽい(CRC見てる?)ので凄い早い。これのおかげで、考えなしに作った圧縮ファイルの整理が格段に楽になった。もう「画像1枚更新しただけのバックアップ」とかも見逃さないぜ!(考えなしってレベルじゃねーぞ。
 いやぁこれに関しては、編集せずとも全ファイル更新するCardWirthEditorの仕様に問題があると(ry

 で、そんな神ツールだけども気になる点がふたつ。ひとつは検索ディレクトリの追加が面倒な点。設定から追加しようとすると、Windows標準のあのフォルダ選択ダイアログで、いちいちツリーを辿らねばならん。が、幸いにもフォルダ設定はDirectory.txtに平文で記録されているので、そこに直接フルパスを追記すればいいじゃない!っていう補助ツールを作った。

LORD PLAIN:Software>COExec

 こいつに引数でパスを与えると、Directory.txtに追記して、COを起動する。検索ディレクトリを文字順でソートする機能もあるよ!

 もうひとつ気になるのは、ディレクトリ名の最後が半角スペースだと固まるバグ。[hoge/]は大丈夫だけど[hoge /]はダメ。まあこれは外部からじゃどうしようもないし、リネームすれば問題ないからいいやっていう(ぐへー。


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-02 19:30 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

Aviraでファイルを検疫室(隔離室)送りにする時は考えたほうがいい。

 昨年の汚れは昨年の内に! ということで先日、Aviraの完全スキャンしてみた。
 ――新年一発目が昨年の話ってどうなの?

 なんで今までしてなかったかといえば、Aviraの完全スキャンは文字通り完全スキャンだから。通常スキャン設定とかリアルタイム保護設定とか一切無視して完全にスキャンする。圧縮ファイルとか解凍しなきゃ無害だろ、と思うわたしやあなたのPCにおいても、圧縮ファイルひとつ逃さないッ!

 でまあ、出るわ出るわ、他のソフトにパッチングするソフトの数々が! 実際それらしい挙動だから誤検知とはいわないけど、それらウィルスじゃねーですから!
 で、結構な数のファイルが引っかかったのだが、それに対する指示(削除とか隔離とか)を行うウィンドウが小さいので面倒に感じ、全部隔離に。後で、検疫室で無害なヤツを選んで戻せばいいやと軽い気持ちで。
 それが大失敗。なにが失敗かって、Aviraの検疫室(Aviraでは隔離室)、最ッ高ゥに使いにくいッ!

  • 大量のファイルがあると、開いただけで読み込み完了まで待たされる。プログレスバーとかないのでいつ終わるかわからない。
  • ウィンドウサイズ変えられない。フルパスが長いとはみ出るってレベルじゃない。外部ソフトでウィンドウサイズ強制変更すると、「あ、ウィルスがアンチウィルスに干渉しようとしているな……」と検知して自殺する安全設計!
  • リストの表示項目が少なすぎる。検出理由とパスと検出日時だけ。ファイルサイズとか「復元済みか否か」はひとつずつプロパティ(モーダルダイアログ)開いてね!っていう。
  • 圧縮ファイルの場合、中身のなにが引っかかったのかは解らない。
  • 操作は再スキャン、復元(元のパスor任意のパス)、削除しかできない。他のアプリで検証するとかできない。復元するしかないが、復元しても自動でディレクトリを開いてくれるとかもない。パスのコピーもできない。
  • 複数オブジェクトに対する操作は「再スキャン」と「削除」のみ。登録してから検疫室のアレさに気づいても、一括で復元とかできない。
  • 復元処理の間は一切の操作を受け付けない。復元処理中・復元処理完了などは報告されない。

 要するに。パスが見づらいから、そもそもなにが引っかかったのか確認し辛い。リストにある有意な情報はパスくらいのもので、ファイルサイズすらわからない。そもそも圧縮ファイルの場合は、なにが引っかかったのかわからない。検疫室内では削除くらいしかできないので、復元しないと濡れ衣かどうか調査もできない。復元する場合はひとつずつ手作業でやるしかない。復元先への移動は完全に自力(パスのコピーもできない)。復元してもリストにそのまま残るので、復元調査済みなのかどうかわかり難い。

 他のアンチウィルスの検疫室もこうなのかな……。まあ乗り換えるつもりはないが。確かにショックだが、軽くて検出力もそれなりなAviraを捨てるほどじゃあない。ただ、もし複数のファイルを検出してもすぐに検疫室に叩き込まずに、吟味してから検疫室送りにした方がいいよ、っていう記事。

 検疫室の仕様がアレなだけで、ひょっとしたらコマンドラインで効率的に復元できるかもしれない。ちょっと調べてみよう……。

 結局「F3」と「Delete」と「Enter」を駆使して人力で全部復元したよ!(ぐへー。完全スキャンした意味がまったくない。


[PR]
by lordnoesis | 2011-01-02 06:46 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる