auのJAVA対応ケータイにOpera Miniを入れてみた。

 auのオープンアプリ/Ezアプリ(J)対応機種でOpera Miniを使う方法の備忘録。公式訪れるだけじゃ入れられないとか、そのままじゃQVGAで見難く醜いとか、入れても通信エラーが多発するといった、いくつかある壁の解決方法。Opera Miniに限らず、野良アプリのインストールに応用できる。
 Opera Miniの魅力は改めて説明するまでもないので割愛。知らない人は公式サイトに行ってみよう!


Opera Miniの準備

 まず、OperaのOpera Mini & Opera MobileからOpera Miniをダウンロード。対象環境がカッコ書きされていないものがJ2ME版。今回は「Opera Mini 6.5」を選択し、言語選択で「日本語」を選んでからjadとjarを保存する。
  Opera Mini 7.0リリースされたけど、CA007だと設定が保存されたり、されなかったりだなぁ。6.5のままでいいような。でも7.0はページ描画の高速化がウリのひとつなんだよなー。

 次に、jadの編集。といっても、テキストエディタで開きOAP-Screen-Size: WVGAと書き加えるだけ。機種がWVGA非対応の場合は適当に。詳しくは、auの公式資料(後述)を参照。なお、公式資料には「jadはUTF-8」とあるが、おそらく罠。s-jisでないと失敗した。

Opera Miniの公開

 次に、用意したjad jarをwebで公開する。jad対応アップローダーを利用する手もあるが、今回は04WebServerでサーバーを立てた。04WSは、個人用途であれば十二分。
 設定は適当に。MIMEタイプの設定だけは必須。「サーバ設定 > MIMEタイプの設定」を開き、text/vnd.sun.j2me.app-descriptorjadapplication/Java-archivejarの二行を加える。コメントに「右がMIME、左が拡張子」とあるがこれは誤り。
 次に、htmlを用意してjadへのリンクを張る。リンクは<a href="device:jam?http://example.com/opera-mini-6.5.26955-advanced-ja.jad">Opera Mini</a>のような書式で、jadへの絶対パスを書く。パスも適当に。

Opera Miniのインストール

 次に、ケータイの標準ブラウザ(not PCSV)でこのリンクを踏み、インストールを行う。これまでの作業に問題がなければインストールは完了する。

 最後に、Opera Mini上で「メニューキー > Oメニュー > 設定」を開いて設定を行う。オープンアプリ/Ezアプリ(J)は「同時接続数は1」という制限があるので、Opera Linkは基本的に使えない。また、「Socket非対応」なので「詳細設定」からプロトコルを「http」のみにしておく(しなくても自動で判断するが)。

 一応、簡単な使い方を説明しておくと、Opera Miniは方向キーでカーソルを動かす他に、「8462キーで大きく移動」「5で拡大」、「#や*に続けていずれかのキーでショートカット」という操作がある。ショートカットについては「メニューキー > Oメニュー > ヘルプ > ショートカット」から確認可能。


 適切な解像度で運用するOpera Miniの美しく、便利なことよ。まさにOpera最強現実

 はじめ、接続エラーが多発して困ってたのだが、同時接続数1なのにOpera Linkが接続してるのが原因の模様。どうしてもOL使いたい人は、OLが同期してる間は我慢するしかない。

 ちなみに、アプリはSDカードからインストールも可能なのだが(PRIVATE/AU_INOUT/OAP/にjad jarを配置し、「Ezアプリ設定 > SD内アプリ一覧」)、Operaは上手くいかんかった。成功するアプリもあるが、差がわからん。OAP-Backupあたりが関係してる?

KDDI au: 技術情報 > EZアプリ(J)


[PR]
by lordnoesis | 2012-04-06 21:21 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

UIって見た目だけの問題ではないのよ、という話。

 わたしのケータイ――W41CAなんですけどね。メール保存件数が限界に近いってんで、「既読メールを削除」したんですよ。すると保護メール以外が削除されますよね。それはそうです、なんてったって保護メールですから。保護ですよ保護。ユーザーに明確な意思があり、そう操作したから保護メールなのです。そんじょそこらのメールとは格が違います、ええ。
 で。既読メールを削除する操作をすると、「削除しますか?」と聞いてくれる。うん、さすがです。なにせ携帯電話。Windowsでいう「ごみ箱」のようなものはないのだから、再三再四の確認が入ります。セーフティです。
 そして、削除が終わった後で、「削除しました」という事後報告がされます。正直、この確認はちょっとクドい気もしますが、ホウレンソウは大事ですから。ええ。

 が。ここで条件を満たしていると、事後報告以外のメッセージが表示されます。その条件とはズバリ、「削除範囲に保護メールが含まれている」こと。つまり保護メールがあるフォルダで「フォルダ内削除」とかすると、条件を満たして質問が増えます。「保護メールも削除しますか?」というやつ。

 もうね(ry
 自分がなにいってるか、わかっているのか? 保護メールだぞ、保護メール。「雑草抜いたけど、植えた花も抜きますか?」レベルの発言だぞ。ありえない。
 ええ、まあね。削除しますか?と質問して、返事が返ってきたら削除する。そこに問題はありませんよ。機械ですからね。ただ、そもそも保護する価値もないメールなら、保護解除してから削除するだろう。するんだよ。だからそんな質問は、そもそも聞く必要がないッ!! あまつさえそれを、普段なら無意味な事後報告をする場面でしちゃうってのはどうなのよ、と。


 それはそうと。つい先ほど誤って、保護しておくべきメールを削除してしまいました。


[PR]
by lordnoesis | 2009-09-09 17:32 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

次世代はWILLCOM COREに期待してる。

ITmedia +D モバイル:2008年の通信業界を振り返る(1):守りを固めたドコモ──KDDIの巻き返しはあるのか (1/4)
ITmedia +D モバイル:2008年の通信業界を振り返る(2):ソフトバンクは本当に好調なのか、イー・モバイル、ウィルコムの今後は (1/3)

 なるほどなー。


 まあ私個人(au)としては現状維持でも特に困ってないけど――新機種に魅力を感じないのは困ったもんだ。カメラとかどーでもいいから、入出力を重視した機種出してくれカシオ。
 というかKCP+がなぁ。いやIF統一、コスト低下っていうのは必要なことだと思うし、機能的にも手持ちのW41CAと比べれば当然上だし、ソフトウェア的な問題も仕方なくは思うけど。カシオはIF統一で操作体系変更させられちゃった側なんだよなぁ。
 W41CAが良すぎたからなぁ。


[PR]
by lordnoesis | 2008-12-30 10:51 | テクノロジ | Trackback(1) | Comments(0)

日立マイク付きリモコン01が届いたー。

 14日にauの公式オンラインショップで注文した「日立マイク付きリモコン01」が届いた。公式の「お届けに1週間ほどかかります」というふざけた予定からすれば早いが、普通のショップと比較するとやっぱり微妙に遅い。

 まあそれはともかくリモコンです。これでW41CAでの音楽生活も少しだけ便利に。メールも打てるSDaudioプレーヤー万歳。
 ちなみに公式オンラインショップは機種を選んでから対応アクセサリを選ぶのだが、W41CAでこのリモコンが使えるのは非公式なので、適当な日立のケータイを選択して注文すべし。
 なお、今回はポイントで買ったので出費はなし(-900ポイント)。残り約2000ポイント。まったく利用せんでも結構ポイントって溜まってるもんだな。

 ところで。これが届いたのはちょうど昼頃なのだが、実は昨日徹夜でその頃はまだまだ余裕で眠かったわけで。届いたリモコンを装着してプレーヤーのテストをしたものの、そのまま寝落ち。それから目が覚めたのは6時間後だったのだが、まだ動いていて驚いた。
 確かに、いつぞや通学中に電源が切れた(正確にはエクステンションモードに移行した)時は、充電が不十分だったりした。モニタもちょくちょく見てたし(液晶の消費電力は抜群に高い)。しかし、いくらフル充電してあったとはいえ、音量20(最大。普段はイヤホンなので05くらいなのだが、この時はパッシブスピーカーを使っていたので)で6時間持つとは思ってもみなかった。喜ばしい誤算だ。

 しかし。やっぱりイヤホンのケーブルが、かなりあまるなぁ(イヤホン-リモコン-本体)。どうしたもんか。


[PR]
by lordnoesis | 2006-11-17 21:28 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

W41CAで表示できる画像。

 というわけでminiSD買ったのはいいのだけど、問題は画像の方で、表示できるものと出来ないものが。とりあえず、プログレッシブjpegに対応してないのは書面で確認したが、他の仕様が解らない(見当たらない)。
 で、トライアンドエラーの結果、どうやら画像サイズが問題のようだ。jpegで表示できるのは「VGA、SXGAなどの規格サイズ」か、「一辺が400pix以下」の画像に限る模様。ただしこれは"exif情報"を含んでいないファイルの話で、含んでいると表示条件が変わるらしい。面倒な。
 またpngなら、640*480以下は不定形でも表示できるので、面倒がない。ただしファイルサイズは増大するが。

 画像サイズが240*345を上回る際、定型の場合は自動的に縮小表示され、中央ソフトキーが"ズーム"になる。不定形の場合は、画像の中央のみが表示され残りは無視、中央ソフトキーが"全画面"になる。ズーム/全画面時には、画面に入りきらない部分は方向キーでスクロール出来る。

 ファイルをグラフィックフォルダなどの"データフォルダ"に入れる際には、書式に沿ったファイル名でないと認識すらされないのだが、"PCフォルダ"は例外で、どのようなファイル名でも認識される。さらに、格納されたファイルをそれぞれに見合ったデータフォルダに、変名しつつ移動できるので、PCフォルダを経由すればファイル名は気にしなくてよい。


[PR]
by lordnoesis | 2006-10-15 10:27 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる