タグ:トピック ( 39 ) タグの人気記事

エキブロにログインできない場合の対処。

 エキサイトブログはサードパーティCookieをブロックしているとログインできないので、許可リストにhttps://idcaccounts.exblog.jpを登録する。


 Vivaldiはサイト別許可リストが標準の設定画面になく、Blink由来の設定画面にしかないので、chrome://settings/contentExceptions#cookiesに飛んで[*.]idcaccounts.exblog.jpを登録すればよい。
 なお、アドレス中の「chrome://」を「vivaldi://」に置換する雑な仕様があるので、アンカー書いたりブックマークする時は注意。


[PR]
by LordNoesis | 2017-02-08 21:07 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

AutoHotKeyのダブルクォーテーションのエスケープ。

 ググってもChr(0s22)使えとしか出てこないのだが、""で行ける。
 例えば次のコードは、期待通りに動く。

F12::
  foo := "<a href=""../index.html"">"
  MsgBox, %foo%
return

 この情報、どこで知ったんだっけ?と思って探したら普通に書いてあったー。

AutoHotkey Wiki > #EscapeChar


[PR]
by lordnoesis | 2013-08-29 19:32 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

Windows7を64bit版にしたらExplorerが……。

 Win7機をリカバリするついでに、せっかくなのでx64入れてみたのだが、Explorer x86が使えない=従来のエクスプローラ拡張が使えないという恐るべき罠が。Vista x64ではExplorer x86も用意されてたじゃないですかーやだー!

ファイラを求めて

 というわけでExplorerに見切りをつけて、適当なファイラを探すことに。そうしてなんとなくTablacus Explorerを試してみたらこやつ、リストビューとコンテキストメニューでエクスプローラ拡張が動く。なにこれすごい。64bit版も32bit版もあるから完璧や。
 でもワシ、Explorer+ClassicShell+QTTabBarに慣れきってるから、ちょっと使い勝手がなー。

 というか、目的のひとつが「サムネイル表示をSPIで拡張したい」なんだけど、Explorerの"縮小版"はキャッシュを優先するから、こいつでキャッシュ作れば、あとはExplorerでも表示できるな。よしExplorerに戻ろう(出戻りすぎる。

ふたつのQTTB

 そうなると問題なのが、Qちゃん版Pちゃん版、どちらのQTTabBarを入れるか。まずQちゃんのver.8を試してみたのだが、プレビューチップがかなり強化されてていい感じ。でもQちゃん版は、ウィンドウの取り込みが完全じゃないからなー。Everythingからフォルダ開くと、すべて別ウィンドウになる。今はまだPちゃん版だなぁ。

 それに、Pちゃん版は「古いリストビューコントロールを使用する」が便利すぎる。Win7ではExplorerのリストビューがDirectUIHWNDに覆われていて、外部から干渉できないのだけど、この設定ONにすると従来のSysListView32になる。AHK使いとしてこれは外せん。

 というか、今まで効果も理解せずにONにしてたので、そもそも邪魔者DirectUIHWNDの存在を知らなかった。

64bit版OSに32bit版CBX Shellを入れる

 Tablacus Explorer x86のために、CBX Shellもx86版も入れたいのだが、64bit/32bit共通インストーラーなので、x64環境ではx86版が入れられない。インストーラーを32bitで起動してもダメ。というわけでx86環境からDLLをこちらに持ってきて、regsvr32 CBXShell.dllで対応。


[PR]
by lordnoesis | 2012-06-16 14:06 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

停止したWindows Aeroを復帰させる。

 なにかの拍子にAeroが無効になった――というか"落ちた"場合、「Desktop Window Manager Session Manager」サービスを再起動すればAeroが再適用される。バッチを作っておけば便利。

net stop uxsms && net start uxsms


[PR]
by lordnoesis | 2011-08-05 21:38 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

複数のGmailアカウントを運用するために、Google Chromeのプロファイルを利用する。

 Gmailのアカウントを複数所有しているのだけど、メイン以外はついつい確認するのを忘れてしまうので、別アカウントでログインしなおす手間の省力化を図ることに。その方法だが、このためだけに専用ツールを入れるのもなんなので、ブラウザのユーザープロファイルを切り替えて実現。起動の速さとプロファイル切り替えの簡便さでChromeを使うことに。

 アカウントの数だけプロファイル指定ショートカットを作って、それぞれでログインすれば完了。以後はそれぞれを起動すればOK。ちなみにGmailの放置可能期限は、公式で9か月(超過しても消されるとは限らない程度の期限)。

chrome.exe --user-data-dir="..\..\User Data 2" http://mail.google.com/mail?hl=ja

chrome.exeまでのパスは環境によって異なるので省略。--user-data-dirでプロファイルのディレクトリを指定している。これはデフォルトである「User Data」と同じ位置に「User Data 2」を作る/読み込む設定。名前がダブらなければなんでもいい。

 Googleのマルチログイン(アカウント設定から設定可能)で問題ないと思う人は、そっち使った方が手軽。


[PR]
by lordnoesis | 2011-04-17 13:53 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

エキブロのブックマークレットをカスタマイズしてみた。その2

前の記事::エキブロの記事投稿ブックマークレットをカスタマイズしてみた。

 Opera10.70αと10.63を試してたんだが、エキブロのトラックバック用ブックマークレットで問題が。なにやら、使ったページが真っ白になる。62以前はこんなんなったっけ?
 で、改めてスクリプトを眺めてみると、いろいろ気になる箇所が。「なんでtry-catch-finally使ってんの?」とか「window.openの第二引数は_blankのがいいな」とか「第三引数こんなに要らないだろJK」とか。というわけで、手を加えてみた。IE8、Fx3.6、Opera10.63、Chrome7で動作確認済み。

 ちなみにOperaでページが真っ白になるのはtryのせいだったみたい。なんでかはわからん(お。

javascript:bdtt=document.selection?document.selection.createRange().text:document.getSelection();void(blogpp=window.open('http://upload.exblog.jp/blog_tool.asp?url='+escape(location.href)+'&body=<p class="reference"><a href="'+escape(location.href)+'">'+escape(document.title)+'</a></p><p>'+escape(bdtt)+'</p>','_blank','width=610,height=550,toolbar=0,location=1,scrollbars=1,resizable=1'));;

 ところで今回気づいたんだが、どうもエキブロ側の仕様が変わったらしい。というのも、「テキストエリアに自作アンカーしか表示されない」「以前は通常投稿にしかなかった、"非公開"や"twitterに投稿"がTB投稿にもある」「"更新PINGを送信する"がグレーアウトしていて選択できない」などの違和感が。

 ひとつめは、どうも、&title=が含まれない場合、エキブロ標準のアンカーを出力しなくなったみたい。明らかに改善されてる。私のような非公式ブックマークレット派のためかは知らんが。
 ふたつめに関しては、私の記憶違いでなければ。
 みっつめは、一度"非公開"を選択してその他の項目をグレーアウトさせて、それから選択解除すると選択できるようになる。ので、これたぶん今回の更新でエンバグしてんだと思う(ぐへー。

POI:エキブロにjavascriptを力技で記載してみた。 -- お世話になった記事(お。


[PR]
by lordnoesis | 2010-10-14 03:43 | Web | Trackback | Comments(0)

AutoHotKeyで、Esc長押しにAlt+F4割り当てたらたまに便利。

 よく考えたら、「ダイアログや子ウィンドウ等をEscで閉じる回数」より「ウィンドウを閉じる回数」のが少なかったので、より少ない方を長押しに割り当てればよかったっていう。
 便利だがやっぱり機会はまれ。

; Esc長押しでウィンドウ閉じる
$Esc::
  KeyWait, Esc, T0.8
  if ErrorLevel
    send,!{F4}
  else
    send,{Esc}
  keywait, Esc
return

 Esc長押しでAlt+F4を、そうでなければEscを出力。シンプルイズベストってやつだ。


[PR]
by lordnoesis | 2010-08-28 12:56 | テクノロジ | Trackback | Comments(2)

AutoHotKeyで、キー二連打にいろいろ割り当ててみた。

 二連打は、意識せずに指一本でできるので便利。


 二連打は組み込み変数を使えばもっとスマートにできるね。ふたつ目ならこんな感じ。

$vk1Dsc07B::
  KeyWait, vk1Dsc07B
  if (A_PriorHotkey == A_ThisHotkey) && (400 > A_TimeSincePriorHotkey)
    send, ^+{Space}
return

Esc二連打でウィンドウ閉じる

 便利なんだけど機会がまれっていう。

; Esc二連打でウィンドウ閉じる
$Esc::
  KeyWait, Esc, T0.4
  if ErrorLevel
  {
    send, {Esc}
    return
  }
  if A_TickCount < %EscDouble%
  {
    send, !{F4}
    EscDouble = 0
  }
  else
  {
    EscDouble = %A_TickCount%
    EscDouble += 400
  }
return

 二連打でAlt+F4、長押しでEscを出力。

 ソフトウェア側で「Escでウィンドウを閉じる」ショートカットになってることが多いので、ウィンドウを閉じるショートカットとEsc出力を両立したくてやってみた。でもEscで閉じれるソフトで二連打してしまうと誤爆してしまう罠。まさにこの記事書いてる時に発生して書き直しに(ぐへー。

 「二連打ならAlt+F4、そうでなければEscを出力する」というのも考えたが、ややこしそうなのでやってない。

 ていうか良く考えたら二連打じゃなくてもよかった。

 別にややこしくなかった。

無変換キー二連打でランチャーを呼び出す

; 無変換キー二連打でBlueWindを呼び出す
$vk1Dsc07B::
  if A_TickCount < %MuhenkanDouble%
  {
    send, #{Space}
    MuhenkanDouble = 0
  }
  else
  {
    MuhenkanDouble = %A_TickCount%
    MuhenkanDouble += 400
  }
  KeyWait, vk1Dsc07B
return

 無変換キー連打でランチャーを呼び出せるようにするととてつもなく便利。わしはBlueWindだけど、別にBWに限らず。
 Win+Spaceってのは、BW側で指定してあるランチャー呼出しキー。各自適当に。

 これは長押しで別キー出力とかはしてないので、KeyWaitは末尾で時間無制限(キーリピート防止目的)。


Alt二連打でOperaをアクセスキーモードに

;--------------------------------------------------
; Opera
;--------------------------------------------------
#IfWinActive ahk_class OperaWindowClass
; Alt二連打でアクセスキーモードに
$alt::
  KeyWait, alt, T0.4
  if ErrorLevel
  {
    send, {alt}
    return
  }
  if A_TickCount < %AltDouble%
  {
    IME_ON(WinExist("A"), False)
    send, +{Esc}
    AltDouble = 0
  }
  else
  {
    AltDouble = %A_TickCount%
    AltDouble += 400
  }
return

 Operaの「アクセスキーモード」は地味にすごいんだが、Shift+Escってショートカットが覚えにくい&面倒なので、Alt二連打でアクセスキーモードに切り替えるスクリプト。

 なにがすごいって、アクセスキーのもつ問題のうち、「ブラウザのショートカットと競合する」「どのキーがなんの機能かわかりにくい」というのを、「キー×機能の一覧を表示する専用モード」で回避してるのがすごい。

 なおアクセスキーモードは、IMEがOFFでないとキーでは機能実行できないので、IMEを制御するユーザー関数でOFFにしている。

もらかなです。AutoHotkey IMEの制御をする編 -- IMEを制御するユーザー関数はこちら。


[PR]
by lordnoesis | 2010-08-25 19:29 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

Pukiwikiの検索で、ひらがなとカタカナを区別するように。

 創作活動するのにPukiwiki使ってるんだけども、知己に「"テイル"(人名)で検索したら"~~している"だのが引っかかって使い物にならない」といわれた。「見つめテイル、感じテイル、見守られテイル」という、いろんな意味で狭いジョークが現実にッ。「君、微笑んだ夜」は名曲!(お。

 で、ググってみたら、半角と全角文字を同一視するついでにそういう風にしたそうな。うーん、半角全角はわかるけど、ひらがなとカタカナって別モノだと思うんだけどなー。そもそも同一視されなくても、自分でor検索すればいいんじゃないかなー。同一視すべきと思える具体例が浮かばないなー。

 というわけで改善方法だが。検索機能の実体はプラグインではないので本体改造。といってもlib/func.phpの2か所書き換えるだけ。だけじゃないかな。ま、ちょっと覚悟は(ry
 175行目あたりにある$word_nm = $mb_convert_kana($word, 'aKCV');aKCVaKVに。195行目あたりの$or[] = preg_quote($mb_convert_kana($char, 'c'), $quote);を行ごとコメントアウト。これだけ。

 FTPの問題か知らんが、はじめ、同じ改造したはずなのに上手く行かなくて頭を抱えてしまった。思考錯誤の果てにもう一度やり直したらあっさり通ったという……。


[PR]
by lordnoesis | 2009-12-01 20:05 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

Chromeで、ドラッグ&ドロップしてショートカットを作る方法。

 GoogleChromeはアドレスバーにアイコンがないから、アイコンをデスクトップ等にドロップしてショートカットを作る技が使えなくて、ずっと困っていたのだけど。URL全体を選択状態にして(キーでもドラッグでもトリプルクリックでもなんでもよい)、それをドラッグ&ドロップするといけるのね。これで不満がひとつ解消されたわ。
 現在は、単純にファビコンドロップだけでもいけるようになったのね。

 まあ、お気に入りグループ(セッション)が使えない致命的な問題はどうしようもないけど。せめて「最近閉じたタブ」の数がもう少し多けりゃなぁ。
 これも現在は拡張でOK。ワシが使ってるのは「FreshStart」。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-14 18:18 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる