タグ:トラブル ( 21 ) タグの人気記事

Win10で自作実行ファイルが「既定のプログラム」に表示されなくなったので直した。

 拙作「S2WA」を、レジストリを弄って「既定のプログラム」に登録してブラウザに振り分けするとめちゃ便利なのだが、Win7ではできてたのにWin10にアップグレードしたら「既定のプログラム」に表示されなくなった。PC設定>既定のアプリだと、表示はされるけど選択できなかったり。
 レジストリが間違ってる or Win10で変わった?EXEの権限?アンチウィルスによるブロック?等々あれやこれや、本当に何っっっ時間も悩んだ挙句、「Win10でコンパイルし直したら認識された」とか徒労感ハンパない。
 AHKで作ったEXEだけでなく、古いHSP版もダメだった。スクリプト系がブロックされてる? でも認識されないだけで動作は問題ないしなあ? あとコンパイル時の文字コードとか32bitと64bitとかUPXやMPRESSとか、気にならなくもないが検証する気力は残ってない。とりあえず認識されたからよし。


[PR]
by LordNoesis | 2016-07-02 21:53 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

Operaでエキブロの「プレビュー」が使えないと思ったら、設定ミスだった。

 Operaでエキサイトブログの投稿画面にある「プレビュー」が使えないと思ったら、JSをブロックしていたせいだった。
 検証用Operaでは利用可能なために発覚したもので、原因はコンテンツブロックではなく、拡張「ContentBlockHelper」のURLフィルタだった。コンテンツブロックより簡単に登録できてしまうため、注意が必要である。

 Operaのスタンドアロンインストール(ファイルを分散させない、リムーバブルドライブでの持ち運びを想定したモード)はこういう時にも便利やね。


[PR]
by lordnoesis | 2011-08-26 11:24 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

なぜか言語バーの左端に言語切り替えボタンが増えてたので消した。

 言語バーに言語表示(JPとかENとか)が増えてて邪魔だったので消すことにした。手順は簡単で、「テキストサービスと入力言語」の[全般>インストールされているサービス]から――って、あれ。日本語以外ないじゃんか。なぜENが表示されとるんだ?
 まあ、こういう場合は「追加」からすでに表示されている言語を選んで「適用」し、改めて削除すればOK。


[PR]
by lordnoesis | 2011-06-13 00:49 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

ブラウザトラブル解決!

 ここしばらく、ChromeとOperaに不可解なトラブルが相次いで起きたのだが、それらが解決できたので解決法を書いておこうと思う。
 なお、以下の問題は現行PC(Windows7環境)で起きている。

Operaでエキブロの記事投稿・編集画面がおかしい

 投稿日時が空欄になるなど。

 原因はUserJSのフォルダにあるファイル。UserJSはUniteアプリの「UJS Manager」で管理していたんだが、どうもファイル名によっては無視されるらしく、意図しないUserJSがまだ残っていた。うっかり。でも、UserJSのON/OFF切り替えるカスタムボタンでUserJSが原因かどうか検証済みだったんだけどなあ。

Chromeが正常に動作しない

 Aeroが有効でもXP以前の青いウィンドウが起動し、操作を受け付けない。一時的な対処方法としては互換モードをWindows7に設定することだが、確実ではなかった。

 原因はChromeを起動するのに使っているランチャーが互換モードで動いていたこと。
 互換モードのソフトから呼び出されたソフトも互換モードを引き継ぐ仕様だったのか……。うっかり。

Operaの一部挙動がおかしい

 "保存"や"開く"などのコモンダイアログを表示すると落ちる。Ctrl+クリックやCtrl+Sやメニュー、設定画面からなど、どの方法で呼び出してもダメ。他にも、OperaからChromeを呼び出すと前述の青いウィンドウのトラブルに遭遇。

 原因は、Operaを呼び出すのに使っていたAHKが互換モードで動いていたこと。
 ってまたかよ進歩ねえぇぇぇぇ!! というか「OperaからChrome呼び出したら互換モード」って時点で気づけよ。うっかりってレベルじゃねーぞ!

結論

 互換モードには気をつけよう。「いじくるつくーる」あたりで互換モード設定のレジストリを確認できるので活用しよう。


[PR]
by lordnoesis | 2011-05-25 22:38 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

年賀状の季節ですね。

 今年出たらしいピンク色の年賀はがき。宛先の郵便番号書く欄が、気持ち左にずれてるな……。普通のはがきと同じように印刷したら、数字の位置が偏った。まあはみ出るわけじゃないし、面倒だからこのままでいいか……(ぐへー。

 ていうか郵便局が公開してる「はがきデザインキット」、最初のニックネーム登録画面から進まないんだけどどういうことなの。マニュアルによれば、重複エラーの場合はその旨伝えてくれるそうなのだけど、それすら出ない。わけわからん。しかもAdobe AIRだからアンインストール面倒だよ!

 改めて起動したら、「ver.up出来る」といわれたのでしてみたら、「時間がかかる場合があります」と注意書きが増えてた(笑) クリックしたらカーソルがビジーを示すようになってた。うん、いいね。
 ――まあ、もう別ソフトで印刷しちまったから手遅れなんだけどさあー!!(ぐへー。

 ああ、次はネット向けの年賀絵描かないと。寅年ってなに描いたらいいんだー。手持ちのキャラに虎いねぇー。


[PR]
by lordnoesis | 2009-12-11 12:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

自動化=トラブルも自動化。これ真理。

 しまったここにジャンクション作っておいたのすっかり忘れてたorz

 いや拙作の「重複ファイルハードリンク化支援ツール」こと「d2b.exe」なんですがね。あるフォルダと、そのフォルダに対するジャンクションの中身が重複ファイルと判断されてしまうと、どちらか一方の中身を消した時点でもう一方も消えるわけで、ハードリンク作るどころか消えちまうぞ!っていう。

 まあd2b.exeは、与えられた重複ファイルリストを元にバッチ作るだけのものなんで、原因はそういう重複ファイルリストを利用したことの方なんですが。ううう、ジャンクションに対応している(ジャンクションは無視してくれる)重複検索ソフトを使っとくんだったぁー!

 バージョンアップして誤削除を回避するようにした。結果として安定性も向上していうことなし。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-13 12:31 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

GeForceFX5200のドライバでトラブった。

OSをクリーンインストールしなおした。その3。


最新ドライバでのトラブル

 GeForceFX5200のドライバだが、最新の175.16を入れたところ、解像度が変更できないトラブルに遭遇。そもそも内部的に異なるサイズのスクリーンを生成できてない?ようで、一部DirectXを利用するソフトも起動しないトラブルが(というよりそれの原因を追及するまで気付かなかった)。
 同ドライバを入れなおしても解決せず。ひとつ前の正式リリースver.である169.21に差し戻したところ解決した。ver.の問題なのか、入れなおし方の問題なのかは不明。

TV出力がS端子を利用すると白黒・モノクロになるトラブル

 ついでに、以前解決したがログってなかった情報をこの機会にログっておく。

 FX5200でTV出力にS端子を利用すると、白黒・モノクロになる問題がある。噂によると、抵抗値でコンポジットかS端子かを判断しているので、上等なS端子ケーブルだと誤検知するとかなんとか。古い世代のドライバでは、誤検知はするが手動選択で回避可能だった。だが現行のドライバでは自動のみなので困るという話。

 これはドライバの現行コントロールパネルでは手動選択できないだけで、古いコントロールパネルを利用することで回避できる。最近のドライバでは古いコントロールパネルに切り替えるメニューはなくなったが、レジストリを変更することで強制できる。

GAMER'S NETWORK:nVIDIA ForceWare160系でクラシックコントロールパネルを使用する方法
ルーチンワーク札幌:nVidia GeForce FX5200 のTV出力が白黒になる時の解決法

 以上を参考にクラシックコントロールパネルでS端子ケーブルを強制すればOK。そのあとはコントロールパネルを戻しても問題ない。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:33 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

OSをクリーンインストールしなおした。

 つい先日、かねてより計画だけはしていたOSクリーンインストールを実行した。というのも、IEの調子があまりに悪かったためである。IEコンポーネントブラウザより、それ以外の方がFlashが快適に動作するのでおかしいな?と思ったら、IEを利用した際のCPU使用率がとんでもないことになっていた。アドオン外したり設定初期化したりしたのだが、治る見込みがなさそうなので、いい機会だし地上の穢れを粛正することに(何。

 アロケーションユニットサイズで悩んだり試行錯誤したり、方々のファイルパスを更新したり、ドライブのアクセス権で困ったのを除けば、これまで以上にあっさり完了。ソフトウェア環境の復旧も1日強でほぼ完了した。

 とにかく軽い。入れなおしてよかった。再起動が30秒以内とかすごい!(今までがアレなだけのような。

 再インストールしたことにより、NTFS上のファイルが読めなくなったりしたが、ファイルプロパティの セキュリティ > 詳細設定 > 所有者 から新しい権限を設定しなおしたところ、あっさりアクセスできるように。助かったけど、それはそれでどうなんだろう……。

Windows.FAQ - ウィンドウズ処方箋w2k/XP:ディスク管理>Windows を再インストール後、元からあるファイルにアクセスできません

 正直、今更winFAQにお世話になるとは思ってなかったんだぜ。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:21 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

マイコンピュータに、実在しないドライブが表示されるトラブル。

 気づいたらマイコンピュータに、実在しないドライブがあった。OSの「ディスクの管理」などにも表示されず、けれどドライブレターは使用中。解放しようにもドライブがないわけでどうしようもない。なんだこれ。

 試行錯誤した結果、どうもExt2Fsdで設定したものらしい。同ソフトからドライブレター設定開いたら、「以下のレジストリに書き込みますよ」的なことが書いてあった。

HKLM\System\CurrentControlSet\Control\Session Manager\DOS Devices

 HKLMってのは、HKEY_LOCAL_MACHINE。で、それを開いてみたらそのものズバリ、名前がドライブレターの値が存在したので削除して事なきを得る。


[PR]
by lordnoesis | 2009-10-15 13:51 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

BUFFALOのHD-HES1.0TU2買うた。の続き。

 「PC連動AUTO電源」機能の問題とその回避について。

 HDDはすぐに温度が高くなりすぎるので、ファンで冷却する必要がある。私の場合は外側から大型ファンで側面から空気を強制循環させてPC全体の冷却を――要するに扇風機で(ry
 熱という点では、外付けの方がより不利だ。HDDや基盤、場合によっては電源すら内蔵し、パッケージ化してあるからである。というわけで件の外付けHDDも、PCの上に置いて一緒に冷却している。ひょっとしたら、放熱筺体じゃないがACアダプタ方式になっているタイプの方が温度低かったのかもしれんなー。

 当然ながらPCが起動していない時=HDDが動作していない時はファンを停止させている。が、PCがスタンバイから復帰したての時点でS.M.A.R.T.を確認したところ、外付けHDDの温度が異常に高い。この外付けHDDは「切り忘れ防止(PC連動AUTO電源)機能」を持つが、どうもスタンバイ時にも停止せずに稼働し続けていたようだ。
 どういうことかと調べてみると、そもそもこの機能、スタンバイには対応していないそうな! 取説にも「スタンバイ等は無効にしてください」などとやる気の感じられない文章がッ。あれれ、昔のはスタンバイに対応していたような……。

 手動で外付けHDDの電源を操作しようにも、PCがデスクから離れていて面倒。デバイス切断すれば電源は切れるが、再接続のためにPCまで行かなければならなくて同上。で、ならUSB接続が手元にあればいいかと妥協して、手元のUSB HUBに接続することにした。

 ところが、これが大成功。ちょっとスタンバイと復帰を試してみたところ、図らずも上手くいった。HUBの機能には親機(PC)の動作が不可欠で、HUBが停止した時点で外付けHDDは「親機(HUB)が停止した」と判断する――のだろうか? 昔は「HUBには対応していない」「メルコ社のPC連動AUTO電源には対応していない」と明言されていたものだが、いつのまにか事情が変わっていたのかしらん。持っててよかったUSB HUB!
 ただ、USB HUBをセルフパワーにしておくと、PCを停止させた時に外付けHDDが起動するようになってしまったので、バスパワー固定に。……まあ、いいけどね。今のところはセルフパワー使ってなかったから……。


 ところでBUFFALOの「省電力ユーティリティ」。これは外付けHDDの切断・接続・動作状態を管理するツール。手動切り替えのほか、一定時間HDD未使用の場合に自動で外付けHDDを停止させる。つまりWindowsの「電源オプション」の「ハードディスクの電源を切る」に相当するもののようだ。こまめに起動と停止を繰り返すのはHDDに悪いため、APMに頼って件の機能を利用していない私には、完全に無用の存在だったようだ(ぬへ。

POI:BUFFALOのHD-HES1.0TU2買うた。


[PR]
by lordnoesis | 2009-10-09 13:02 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる