今更Windows7。

 新PCを買ってからはや1週間。いまだに完全に環境を整えたとはいえず。

 Windows7って安定性や機能は向上してるけど、Shellの使い勝手が……。"仕組み"はよくなってるんだけどね、描画関連の改善でVista以降のみ対応のエクスポゼもどきが実用レベルになってたり。

 UACはウザくないけどウザい(何。)。いちいちダイアログが出てくるのはいいんだけど、権限昇格させると融通が利かなくなるのが。一般権限のソフトからD&Dできないとか――そういう時こそ「この操作を許可しますか?」とかUACしろよ……。あと互換性ONにするだけでUAC入るのはどういうことなの。
 セキュリティは大事だと思うからUACには肯定的だが、アンチウィルスや心構えがしっかりしてるなら原理的にはUACいらない気がしてきた。でも今から無効化すると、Program Files仮想化の復旧作業が面倒そうだ……。

 とかなんとかで備忘録。

 UACが邪魔でスタートアップが使えない。

 タスクスケジューラーをつかえばOK。「最高位の特権で実行」にチェックして、トリガは「ログイン時」、操作は「プログラムの開始」。注意したいのは、「プログラムの開始」はひとつだけにすること。"操作"は上から順に実行されていくが、その行の作業が完了(プログラム終了)するまでそこで待機するっぽいので複数登録しても無駄。
 エクスポート/インポートを上手く使おう。

スタートメニューやエクスプローラが使いにくい。

 スタートメニューやエクスプローラのルック&フィールに関しては、Classic Shellという神ツールをつかえばOK。
 だが「左上のアイコンを右クリックすると、今開いているフォルダに対するアクション」というテクニックは無理。くそう。

SourceForge.JP:classicshell プロジェクト
k本的に無料ソフト・フリーソフト:Classic Shell -- 設定画面の解説。

ライブラリだのホームグループだのを、デスクトップやエクスプローラから消したい。

 レジストリいじればOK。いじり方については、ググればWindowsスマートチューニングとかWindows TIPSが引っかかるのでそっちで(えー。
 手順が面倒くさい場合、探せば.regを配布してるサイトも。

圧縮フォルダ機能を無効化したい。

 Windowsスマートチューニング(ry
 Windows7では今までの技が使えず、ありえないくらい面倒になってるので注意。

UACで昇格させたウィンドウが操作できなくなった。


 権限昇格させたウィンドウが操作できないトラブル。クリックしても完全に無視され、タスクバーからのみアクティブにできる。これは、MousGesture2.ahkがマウス操作をすべてフックしてエミュレートしてるせいで、MG2.ahkの権限が釣り合ってないと無視されるだけだった。昇格させて解決。

ContextViewer周りのトラブル。

 インストールは、インストーラーをXP互換で動かせばいいっぽい。事情があって何度か入れ直したが、互換しなくても行けた気もする。

 右クリックしても画像が表示されない・エクスプローラでは表示されない(他のファイル操作ソフトでは表示される)などの問題が発生したが、これはSusieプラグインのせいだった。ひとつずつ再起動しまくって検証した結果、ウチの犯人はCinema.spiだった。まったく使ってないプラグインでよかったというキモチと、そのくせ2時間も無駄にさせやがっていうキモチ。

関連付け周りのすべてが酷すぎる。

 特にひどいのは、「仕様でありどうしようもない」というあたりか(ぐへー。
 関連付け設定はダイアログ等による実行ファイル選択のみ、コンテキストメニューの内容やコマンドラインオプションすらいじれず、HTTPなどのプロトコルに対する関連付けは選択できる実行ファイルすら制限されてるとか、どこをどうしたらここまで酷くできるのか……。

 FileTypesManなどのフリーソフトを使えば旧来通りの関連付け操作(コンテキストメニューに複数の実行ファイルを登録したり、引数つけたり)ができるが、HTTPなどのプロトコルはダメ。システム的に最も優先されるのは「既定のプログラム」らしく、他でいじっても無視される。根本的解決方法は不明。私は手作業で既定のプログラムに登録することで回避した。

Windows Vista 既定のプログラム 関連付け レジストリ とかの話


 日頃思っていることだが、一般人にわかりやすく物事をシンプルにするのと、できること(それも普通にできてしかるべきこと)を制限するのは違う。MSと任天堂は心に刻んでほしい!(ぐへー。


[PR]
by lordnoesis | 2011-02-26 21:54 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

NTFSのアロケーションユニットサイズ(クラスタサイズ)を模索した。

 OSをクリーンインストールしなおした。その2。

 アロケーションユニットってのはNTFSのクラスタみたいなもんだが、こいつが結構厄介。以前、大きくするとパフォーマンスが向上するという話を聞いて試してみたことがあるのだが、確かに効果はあった。特に1つのフォルダに大量のファイルが存在する場合、ファイルの列挙速度が段違い。ただしこれは、断片化してないから早いという可能性も(断片化0%の状態で比較しても速度が段違いなので、おそらくアロケーションユニットサイズの効能)。そして、他の性能に関しては微増程度。そう考えると、容量が少なくなるデメリットとトレードオフできてない気がするわけだ。

 でまあ、いろいろ調べた上での私の結論はっつーと。

  • 基本的に(ほとんどの環境における)デフォルト値の4KBで問題ない。
    • 4KB以下ではNTFS圧縮を利用でき、節約できる(環境にもよるが、1TBのHDDで5GB程度儲かる)
      • CPUが高速なら、NTFS圧縮の計算コストをほぼ無視できる。
      • CPUが特に高速なら、NTFS圧縮ONの方がパフォーマンスが向上する(機械的なロスの方が大きい)説? --> それなりの環境でもやっぱりONのがやや遅い。現実は甘くはなかった。
    • 断片化はそれなり。それによるパフォーマンス低下の可能性を考慮すべき。
  • 少しでも断片化を回避したい/パフォーマンスを上げたいなら16KBを検討してもよい。
    • 16KBより上はクラスタギャップが酷すぎるため、最も現実的な数値。
    • それでも多少のクラスタギャップは出る+NTFS圧縮が使えないことによる容量の無駄使い。
  • "比較的"少数の、巨大なファイルのみを扱う場合、64KBも考えられなくはない……?
    • 断片化は最もしにくい。
    • 前述のようにクラスタギャップは酷い(環境にもよるが、1TBのHDDで数十GB以上)
    • ベンチマークでは16KBの方が優れていたという情報も。

  • この中では、容量に関しては4KB+NTFS圧縮が一番お得。
  • 容量を犠牲にしても得るものが少ない(大量のファイルを扱う時に速い、くらい)。
  • やっぱりデフォルト(4KB)で十分。

 うーん結論が面白くない。デフォルトとか面白くないなー!(ぬへ。
 まあ私は、時間のかかるデフラグが嫌いなので(好きなやつはいないと思うが)、試しに16KBにしてみた。UPC速度にも自信がないしな!(今やPentium4なんてレガシーだからなぁ……)
 16KBだとデフラグがかなり高速化されて、デフラグするのが楽しく感じる(ぬへ。

 うーむやっぱり16KBじゃなくて4KB+NTFS圧縮でいい気がしてきた(ぐへー。
 ちなみにうちの環境(P4 2.8GHzというレガシーな)でNTFS圧縮入れると、転送速度が1/3くらいになりますな。普通に使う分には困らんけど。

 大容量HDDがアホみたいに安い今のご時世、容量よりスペックを優先したいと思ったなら、アロケーションサイズ云々よりRAID環境(RAID10あたり)を検討すべき。大容量化で、HDDが破損した時の被害も増大しているのだし……。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:29 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

OSをクリーンインストールしなおした。

 つい先日、かねてより計画だけはしていたOSクリーンインストールを実行した。というのも、IEの調子があまりに悪かったためである。IEコンポーネントブラウザより、それ以外の方がFlashが快適に動作するのでおかしいな?と思ったら、IEを利用した際のCPU使用率がとんでもないことになっていた。アドオン外したり設定初期化したりしたのだが、治る見込みがなさそうなので、いい機会だし地上の穢れを粛正することに(何。

 アロケーションユニットサイズで悩んだり試行錯誤したり、方々のファイルパスを更新したり、ドライブのアクセス権で困ったのを除けば、これまで以上にあっさり完了。ソフトウェア環境の復旧も1日強でほぼ完了した。

 とにかく軽い。入れなおしてよかった。再起動が30秒以内とかすごい!(今までがアレなだけのような。

 再インストールしたことにより、NTFS上のファイルが読めなくなったりしたが、ファイルプロパティの セキュリティ > 詳細設定 > 所有者 から新しい権限を設定しなおしたところ、あっさりアクセスできるように。助かったけど、それはそれでどうなんだろう……。

Windows.FAQ - ウィンドウズ処方箋w2k/XP:ディスク管理>Windows を再インストール後、元からあるファイルにアクセスできません

 正直、今更winFAQにお世話になるとは思ってなかったんだぜ。


[PR]
by lordnoesis | 2009-11-01 10:21 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

PC復旧中……。

 前回の惨事からのち。ひいきにしているHGSTのHDT725050VLAT80を購入。おいおい、Vista需要かドッグイヤーかなんか知らんが、HDD価格もすごいことになってるなぁ。500Gが1万強とかビックリだー。
 しかし人気なのかIDEだからなのか、通販はどこも品切れで探すのに苦労した。

 で。HDDが届いて、ついに問題のあったHDDの読み出し。USB<-->ATAPIでつないでみると普段よりも時間をかけて認識完了。が、Dドライブだったパーティションにアクセスしようとすると「フォーマットされていません」。Cの読み出しには特に問題がなかったり、特に異音がなかったり、スキャンディスク中に異常が発生したあたりから論理障害と推測。それにどうせ物理障害だったら手出しできないのだし、ダメモトでコマンドプロンプトからchkdskをかけたら認識されるように。おおお、よくやったchkdsk! でもトドメ刺したのもお前だからイーブンな!(みぇ。

 まだ動くとなると120Gがもったいないような気もするが、ここは素直にS.M.A.R.T.に従っておくとする。でも一応失われたらマジ泣きしそうなデータを問題のHDDにコピーしておく。問題が起きて退役するHDDをバックアップに使うという逆転の発想!(えー。

 で、それから2日。えっちらおっちらとデータを移し、環境を再構築し、やっとまともになってきたわけで。あとはあれやってこれやってー……。


 以下、今回の再構築で気づいたことや起きたトラブルをメモ。

  • ホイールリダイレクトに問題のあるサンワサプライ標準のマウスドライバだが、よく考えたら何か適当なソフト使えばいいんじゃないか。と思ったが一長一短で結局戻ってしまった。
  • いつの頃からか、原因不明で利かなくなっていたキーボードのマルチメディアキーだが、どうやらHID関連のサービスを無効にしていたのが原因らしい。何たる自業自得。
  • KbMediaPlayerでmp3を再生しようとしたところ、なぜか再生できない。旧HDDからのコピーに失敗したか!?と今後の火種に恐怖。とにかく一式落としなおすも、やっぱり再生できない。otmpg123の設定が64bitになってるだけだった(みゃー。
  • 以前WindowsUpdateしたところ、専用ドライバがインストールされ豪華になったcm108チップ搭載のUSB Audio。が、今回は見つからず。どうにか検索して入手したところversionが上がっており、バーチャルサラウンド5.1chが7.1chになっていた(ぬお。
    • しかし以前と異なり、全然後方から鳴ってるように聞こえない。改悪?
    • ドライバ入れたらデバイスが認識されたりされなかったり。ドライバの問題かは不明。問題のデバイスは断線したのを修理した物で、デバイス側の問題もありうると考え整備することに。分解、接続、絶縁。熱収縮テープでキレイに整えて――ってこれ最小径5mmのテープじゃねぇか! 導線、1mmもないっつーの!!(みゃー。
    • ていうか認識すらされなくなった(ぎゃー。  フラットにいうとデストロイした(えー。
      熱? 熱が悪かったの!?orz

[PR]
by lordnoesis | 2007-11-26 15:05 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる