Resource HackerでCardWirthEditorのキー操作を改善してみた。

 CardWirthエディタのショートカットキーのキーバインドが気に入らないので、AHKで対処していたのだけど。リソースハッカーで地道に弄ってたらなんとかなった。
 ウィンドウ毎に、コンテキストメニューに使いたいコマンドを登録して(コンテキストメニューないところにはメニュー自体も追加)、ショートカットキー割り当てていく感じ。それで色々増やしたり、干渉し合わないように削ったりしていたら、結構な作業量になってしまった。

 ところが何故かエリアウィンドウのテーブルビューでのカード操作に問題が発生するように。具体的には、キーボードでカードを操作できなくなった(ショートカットも効かない)。マウスでの操作はできる。どうもキーボード的には、いずれのカードも選択状態になっていないことになっているようだ。どこかと変に干渉しあっているのか、この手法の限界なのかは不明。機会を改めて検証したい。

 改善したCWEの問題点。

  • F2で「名前の変更」「選択肢の変更」ができるように。F2で「カード情報」を呼び出すバインドは削除。
  • 「切り取り」をCtrl+Xに統一。「選択肢の変更」時に、文字列の切り貼りができるように。
  • カードウィンドウにおいて、カードのプロパティをEnterで開けるように。

 ――まあ、これでやっと「当たり前」っていう……。


 改造が面倒とか、トラブルが心配という場合は、以前話題にしたAHKを利用したハックでいいと思う。今回の手法では実現できない改善もあるし。

POI:AutoHotKeyで、CardWirthEditorのキー操作を改善してみた。



キーコード抜粋
[PR]
by lordnoesis | 2009-07-06 17:05 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

画像をイラスト風に変換。

Funky Ways to Express Yourself - BeFunky

 あいやーこれは便利。簡単に説明すると、画像をイラスト風に変換できるオンラインサービス。
 そういった技術はわりと古くからあるのだけど、ニッチな作業にすらフリーソフトが存在する現代においても、これといったソフトがなくて難儀していたり。それがここに存在するという喜び。

 これでCWシナの背景に困らない。いや私のプライベートシナリオの背景、手描きですけどね。最終的にこういった大規模なエフェクトかけるなら、てきとーに描いて数さばけるってもんさぁ!(にぇ。


[PR]
by lordnoesis | 2008-07-27 00:31 | Web | Trackback | Comments(0)

AutoHotKeyで、CardWirthEditorのキー操作を改善してみた。

 なんかAHKネタしか更新してない気がするが、こういうものは一気にやるものなので仕方がないな!


 CardWirthEditorはキーボードで操作することをほとんど考えていない。稀にショートカットキーが指定されてるかと思えば、Windows標準と異なってたりする。困る。
 で、AHKで置き換えれば――となるわけだが、どうもツールバーのコマンドIDがよくわからない。とても困る。
 というわけで、カナリノ力技デース(なぜカタコト。

;--------------------------------------------------
; CW Editor
;--------------------------------------------------

#IfWinActive ahk_class TViewForm

F2::
  Send,{AppsKey}{Down}{Enter}
return

^x::
  ControlGetFocus, OutputVar
  if(OutputVar="Edit1")
  {
    KeyWait,CTRL
    keyWait,x
    Send,{AppsKey}t
  }else{
    send,^x
  }
return

^c::
  ControlGetFocus, OutputVar
  if(OutputVar="Edit1")
  {
    KeyWait,CTRL
    keyWait,c
    Send,{AppsKey}c
  }else{
    send,^c
  }
return

^v::
  ControlGetFocus, OutputVar
  if(OutputVar="Edit1")
  {
    KeyWait,CTRL
    keyWait,v
    Send,{AppsKey}p
  }else{
    send,^v
  }
return

 これでF2で「選択肢の変更」アクティブにしたり、その最中にCtrl+XやCやVでカットしたりコピーしたりペーストしたりッ!(うわふつー。

 あとは、右クリックするとコンテキストメニュー出るわけだが、その時カーソルの下にある項目でなく選択済みの項目が対象になる仕様も改善すべく、右クリックに左-->右クリックを割り当て。これでただコンテキストメニュー開くためだけに左右クリックを素早く押すという似非マウスジェスチャーから解放される!(お。
 マウスは(ワシ的に)MouseGesture2.ahkの範疇なので、そちら向け。AHKだけの人は各自適当に。

[CWEditor]
WClass=TViewForm
[R__]
G=RB__
CWEditor=Send,{LButton}{RButton}

 さらにCWEditorを便利に使いたいなら、CLCLでよく使うコンテントの組み合わせを登録しておき、すぐに呼び出せるようにしておくといいだろう。よく使うフラグ(大規模シナでの汎用フラグ等)ON/OFFとか、画像指定済みのメッセージコンテントとか、クーポン指定済みのセリフコンテントとかをボタンひとつで貼り付けできるように。



どーでもいいスクショ
[PR]
by lordnoesis | 2008-05-29 08:27 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる