数値特化のリネームソフト、ZeroSuper ver.2.1.0公開。

 複数の数値に対応したゼロサプライ(ゼロパディング、ゼロフィル、ゼロ埋めとも)、ゼロサプレス、全角の英数字と一部記号の半角変換を行う、数値特化のリネームソフト「ZeroSuper」を更新。

 ZeroSuperがどんなものかは、以前書いた説明を見よう!

 ver.2.1.0ではコマンドラインオプションに対応。バッチ等から呼び出せば、ウィンドウを表示せずに処理することが可能になった。
 詳しい説明はReadme読んでもらうとして、例をあげると、ZeroSuper.exe /M2 "001.txt" "2.txt"とか、対象パスのリストを作っといてZeroSuper.exe /M2 /L "TargetList.txt"とかやればリネームされる。簡単。
 パス指定はワイルドカードも使えるので、通常のGUI操作より便利なこともあるかもだ。

 ただし注意がいくつか。
 まず、無効なパスは無視されるということ。/L "存在しないファイル" "001.txt"とした時、ZSerは001.txtをパスリストと認識してしまう。あとパスリストの文字コード(UTF-16)が間違っていると、無効なパスとしてすべて無視されるので、これも注意。
 それと、スイッチ(/から始まるやつ)は必ずパスより先に書くこと。パスより後だと、なんか読み取れんかった。

LORD PLAIN > software > ZeroSuper


[PR]
by LordNoesis | 2015-09-10 20:12 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

数値特化のリネームソフト、ZeroSuper ver.2.0.0公開。

 複数の数値に対応したゼロサプライ(ゼロパディング、ゼロフィル、ゼロ埋めとも)、ゼロサプレス、全角の英数字と一部記号の半角変換を行う、数値特化のリネームソフト「ZeroSuper」を2年ぶりに更新!

 そもそもZeroSuperってなんぞや?というと、ファイル/フォルダ名に含まれる複数の数値(半角数字がひとつ以上連続したもの)を比較し、ゼロサプライするソフト。数値は出現順にIDが割り当てられ、すべての対象ファイル/フォルダ名の同一IDの数値と比較され、ゼロサプライされる。
 例えば、[2015-06-05]と[平成27年6月5日]をゼロサプライすると、後者が[平成0027年06月05日]になる。ゼロサプレス→ゼロサプライすると、前者が[2015-6-5]になる。

 今はどうだか知らないが、開発当時は複数の数値に対応しているだけでも珍しかった。

 今回リリースされたver.2.0.0と、ver.1.1.0との違いは以下の通り。

  • Unicodeに対応
  • 実行ログをウィンドウに表示するように
  • 設定ツールを本体機能として取り込み
  • フォルダの再帰処理に対応(フォルダ自体でなく、フォルダ内のファイルをリネーム対象に)
  • 数値の出現順(ID)を無視した処理に対応(すべての数値を比較したゼロサプライに対応)
  • 完了時の通知に対応(ダイアログ or バルーン)
  • 実行ログの保存方法の変更に対応(出力しない or 毎回別のファイルに出力 or ひとつのファイルに上書き)

 AHKでいちから作り直したもんだから、まだバグが含まれている可能性もあるので、とにかく自己責任で。

c0031643_1923367.png

c0031643_19235862.png

LORD PLAIN > software > ZeroSuper


[PR]
by LordNoesis | 2015-06-05 18:53 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)

複数のファイル名に含まれる複数の数値の桁を揃えるツール作った!

 WindowsXP以降のエクスプローラでは、ファイル名に含まれる数値の扱いがそれまでとは変わったというのは、今さら話題にするまでもないと思う。それまでは文字列として単純にソートするだけだったが、XP以降では連続した数字は「数値」として扱うようになった。「10」と「2」の場合、以前は「1」と「2」の比較だったが、XP以降では「10」と「2」の比較である。まあ私はそういう数値ソートはOFF、いわゆる2k風にしてあるが。

 で、数値ソートをしないとなると「2」ではなく「02」にしたいと思うわけだ。1から100までのファイルが存在するなら「002」にしたいし、1000まで存在するなら「0002」にしたい。いわゆるゼロサプライ(ゼロパディング、ゼロフィル、ゼロ埋めとも呼ばれるなにか)である。

 こういう要望は私に限らず存在するので、すでにそれを一括で行うソフトが存在する。つまり対象となるファイル群に含まれるもっとも長い数値を調べ、他の数値をその桁に合わせるソフトである。が、私の調べた限り、それらは「複数の数値」に対応していない。

 複数の数値とはどういうことか。一例をあげれば「001-01」とか「2010-04-02」とかである。数字のみが連続したものを数値と捉えるならば、前述の文字列は数値がふたつ以上含まれていることになる。既存のソフトは数値が複数個あることを考慮していないようで、エラーになったり、いずれかひとつの塊しか揃えられなかったりする。

LORD PLAIN:Software/おまけ。 -- 数値特化リネームツール「ZeroSuper」

 そこでこの「ZeroSuper」の出番! こいつは複数の数値にばっちり対応。しかもゼロサプライだけでなく、ゼロサプレス(ゼロサプライとは逆に、数値先頭に存在する無駄っぽい0をなくす処理)もできる。ゼロサプレスやったあとでゼロサプライとかもできちゃう。さらにオマケとして、全角英数字(カナ含まず)を半角にしたりもできる! あら便利! どーですかお(ry

 まー先人が作ってないっぽいあたり、かなりニッチな要件な気もするが、ビビっときた人は使ってみればいいんじゃないかなぁ! 自己責任で


[PR]
by lordnoesis | 2010-04-02 12:01 | テクノロジ | Trackback | Comments(0)
ブログトップ | ファンになる