燃えるワン・マン・フォース読んだー。

 面白かった。まあ話自体は"愉快"なモノではないけど。ジメジメしてない「終わるDBD」みたいな感じかしらん。
 まあ、あとがきに書いてあるように、サベージとポニテの話だよなー。

 ようするに、量産機スキーでポニテスキーの私には、この話を楽しむ資格があったという事だ!(お。






感想と呼ぶのもおこがましい切れ端(ネタバレ仕様)

 以下感想。ネタバレ注意。
 一方的で、読んでない人置いてきぼりなのも仕様です。


 ここまでスッキリ書かれると、もういっそ千鳥いらないんじゃないの?とかなんとか(ひでぇ。
 いや、ポニテスキーだからじゃないよ? ナミに心動かされたからじゃないよ? ち、違うんだからっ!(ツンデレなのかそれは。
 ナミ(つ-`)

 もう圧倒的なまでのサベージ。
 サベージの仕様に始まりサベージの特徴、サベージの利点、サベージの戦い方、サベージの戦い。
 陸戦GM好きの私にはたまらんですたい。

 『闘技場』について。
 あれれ。ハマーとかリコはー?(違。

 それにしてもソースケが塗装や呼び名にこだわるあたりが、「約束のバーチャル」に引き続いて微笑ましいというかなんというか。
 それにしてもアル二世て。あれれー、こんなところで使っちゃうの?
 おかしいな、私の予想だとアマルガム(というか千鳥)が改修してくるはずなんだが(えー。

 とかなんとかいってたら、『ARX-8』きたー!!!
 レイスが運び込んでたあれは"アル"だよね? いやまさかハンター一派に回収されるとは思いもよらなんだ。
 ミスリルに修繕できるとは思えなかったので候補から外してた。
 ラムダドライバ搭載機に不可欠な「特殊な構造材」とやらが、彼らには手がつけられないそうだから。

 要するに、本体はほぼ完成していて、あとは中枢だけという段階で放棄されてたARX-8候補に"アル"を載せて完成させようって事だろうか。
 私は、LD搭載の計画があった(のでおそらく「特殊な構造材」とやらを鋳込んであるだろう)ファルケに"アル"を載せれば!とか思ってたのだが、まさかARX-8なんてものが存在したとはなぁ。

 「存在しない計画」というのは、GPシリーズのような陰謀を感じるがそんなワケもなく。
 開発者が趣味で作ってたとか? いやまともな組織で、AS開発においてそれは無茶だろう。
 設計段階で放棄されてたとか? いやそれで何とかできるなら、アーバレストのパーツ不足だってなんとかなってたろう。
 まあ素直に、開発者の自殺でなかった事にされたってあたりだろうか。ファルケより完成度が低かったのかしら。
 いやしかし、「存在しない」という言い回しが気になるなぁ。

 それにしてもデ・ダナンといい、再利用が好きだな連中(えー。


[PR]
by lordnoesis | 2006-01-25 06:38 | 雑誌・書籍 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://poimono.exblog.jp/tb/3428014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

ブログトップ | ファンになる